アポファジーメニ

18 の例文 (0.00 秒)
  • マルセイユ到着後の1831年4月にはアポファジーメニに加入している。 ...
  • また、青年イタリアと緊密な関係にあったアポファジーメニがこれに合流した。 ...
  • アポファジーメニはそれと合体する形で消滅した。 ...
  • カルボナリやアポファジーメニが大きく関与し、複数のイタリア諸邦に加えフランスやオーストリア帝国も巻き込んだ革命となった事から事態は大規模化・複雑化・長期化した。 ...
  • この主役はあくまでカルボナリであったが、アポファジーメニもこれに加担した。 ...
  • カルボナリやアポファジーメニと比べるとより早い時期に活躍した組織の為、断片的な資料しか残っておらず詳しい歴史は不明である。 ...
  • なお、アポファジーメニのメンバーはみなvero amicoと呼ばれた。 ...
  • それによりアポファジーメニはブオナローティ派の組織であると認識され、またブオナローティ自身もアポファジーメニに参加して指導者のひとりとなっていた。 ...
  • アポファジーメニを掲げ、イタリア統一運動初期に影響力を持った。 ...
  • また、少し遅れて1830年代にはアポファジーメニが結成され、カルボナリに次ぐ影響力を持って中部イタリア革命などに貢献した。 ...
  • この当時、イタリアにおいてもっとも強い影響力を持っていたのはカルボナリであったが、カルボナリは開明的貴族やブルジョワの間に勢力を張って革命を志したのに対し、アポファジーメニは貧しい人々の間に浸透を図っていた。 ...
  • アポファジーメニは有力なブルジョワや開明的貴族ではなく貧しい山村・漁村・農村に住まう民衆への浸透を目指した。 ...
  • ウィーン体制成立後はボローニャで民事裁判所の判事を務める傍ら、カルボナリやアポファジーメニと交流した。 ...
  • アポファジーメニは近代ギリシャ語の「アポファジスメーノス」から由来した名称で、意味は「やけくそになった人」あるいは「決起的な人」である。 ...
  • アポファジーメニに所属したことでマッツィーニはビアンコのゲリラ戦法などを学び、それを青年イタリア主導の蜂起につなげている。 ...
  • マッツィーニは亡命先のマルセイユでビアンコと出会い、彼の主導する秘密結社「アポファジーメニ」に加入した。 ...
  • thumb|200px|right|ジュゼッペ・マッツィーニ アポファジーメニ創設後の1830年には、は『イタリアに適用されるゲリラ部隊に蜂起による民族戦争』と題した三巻の本を公刊した。 ...

使ってみたい四字熟語!