アブソーブ

全て 名詞
14 の例文 (0.00 秒)
  • absorb解散後の現在はサポートギター、スタジオワーク、作曲編曲などで活動中。 ...
  • これは小泉が旅中に三軒茶屋の商店街で偶然出会ったabsorbが小泉のために作った曲である。 ...
  • 私の体内に起りつつある変化はあまりに大きく、私の全存在を absorb〔吸収〕するに足るらしい。 ...
  • ハイパーゼットンバリヤーやハイパーゼットンアブソーブは使用していないが、前者は設定上は使用可能とされる。 ...
  • absorbサイト内に作られた特設ページ「桜ノ雨学園」には、多くの学校の生徒や先生から卒業式で歌いたいとのオファーが集るようになる。 ...
  • 人気の広がりを受け、absorbの3人とインターネットで知り合った人々とで一緒に「桜ノ雨」を発展させて行こうという「桜ノ雨プロジェクト」が発足し、歌唱したデータを集めネット上で合唱を披露する企画等が始められた。 ...
  • 同じ専門学校だったのバンド「s+h」にサポートメンバーとして参加した後、absorbに改名される際に正式メンバーとなり、インディーズレーベルELECレコードと契約。 ...
  • これはセフィロトのラジエイトゲートとアブソーブゲートから放出する記憶粒子を譜陣によって制御し、ラジエイトゲートから噴出した記憶粒子を音譜帯を経由してオールドラントを一周させてからアブソーブゲートへと戻す記憶粒子の循環経路で、記憶粒子を介して大量の音素をオールドラントの大地に取り込んでいる。 ...
  • 「桜ノ雨」は、2008年2月に森晴義が動画投稿サイト「ニコニコ動画」で発表した楽曲、および同曲を収録し2008年11月26日にリリースされた、森の所属したユニットabsorbのメジャーデビューシングルである。
  • こうした中で、2008年12月にabsorbは「桜ノ雨」のシングルでメジャーデビュー。 ...
  • 第2回の卒業式では、従来の合唱にプラスしてブラスバンドアレンジを施した「桜ノ雨 -祝奏歌-」が、absorbメンバーと会場の300人による合唱、八千代松陰高等学校吹奏楽部の合奏によって披露された。
  • absorbは、日本のアコースティックバンド。
  • 中央部の〈インサート・リーダー〉にQ「ABSORB」をセットすることでアブゾーバーを起動、さらにJ「FUSION」またはK「EVOLUTION」を〈スラッシュ・リーダー〉にラウズすることによって、フォームチェンジさせる。 ...