アフリカ原産

43 の用例 (0.00 秒)
  • アフリカ原産と考えられているが、世界中に移入し分布を拡げている。
  • 北アフリカ原産と考えられているが熱帯アジア〜アフリカに広く分布している。
  • 北アフリカ原産で、現在は中近東やインドにおいて栽培されている。
  • ヨーロッパ・アフリカ原産で、世界中に外来種として分布している。
  • 北アフリカ原産の植物で、葉は青しそに似た形をしている。
  • ヨーロッパ、西アジアおよび北西アフリカ原産であるが、世界中に移入されている。
  • 驚くべきことに、この時期すでにアフリカ原産の作物がアメリカ州の奴隷の食物に含まれている。
  • アフリカ原産の作物の中にはアメリカ州の重要な作物となるものも現れ、アメリカ合衆国南部を初め西インド諸島やブラジルでアメリカ州独特の食文化の成立に貢献した。
  • アフリカ原産で、アメリカ合衆国のカリフォルニア州やニュージーランドで栽培されている。
  • また形状がアフリカ原産のアロエに似ているが、アロエはツルボラン科の植物である。
  • アフリカニスは多くのアフリカ原産の犬種の先祖にもなり、時間をかけてゆっくりと改良され、品種化された。
  • ヤマネコという野生のがありながら、ひろまったのはアフリカ原産の種類らしい。 星新一『あれこれ好奇心』より引用
  • 医療いりょうメイドさん、アフリカ原産ウシ科哺乳類ほにゅうるいもストライクゾーンなのか。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • ここではアジア・アフリカ原産の原種を中心に述べる。
  • アフリカン・ジャイアント・ポーチド・ラットと呼ばれるアフリカ原産の大型のネズミが用いられている。
  • 熱帯アジアか熱帯アフリカ原産とされ、アジア及びアフリカで食用や薬用のため栽培される。
  • アフリカ原産で、日本にも帰化植物として生育している。
  • バオバブはアフリカ原産の樹木であるが、この地域に滞在していたアラブ商人がラクダの餌とするために持ち込んだものである。
  • そのため、おそらくこれらはアフリカン・サンド・ドッグのようなアフリカ原産のヘアレス犬種が元になり、それが輸出されて中国に渡ってきて土着の犬種と交雑してこれらの原型が誕生したのではないかと見る仮説も興っている。
  • スムースコートでアフリカ原産の犬種のため寒さに弱く、冬季の散歩時には洋服を着せる必要がある。
  • 次へ »

アフリカ原産 の使われ方