アナログ回線

32 の用例 (0.00 秒)
  • 近年、サービスの通信基盤を衛星+アナログ回線からインターネットに転換した。
  • アナログ回線は、アナログ信号を伝送する電気通信回線の事である。
  • ISDNテレビ電話やアナログ回線テレビ電話は電話機が高価で一般的では無かったが、後に携帯電話のテレビ電話対応機種が普及・低価格化し、それにつられてか固定電話系も低価格化が進んでいる。
  • データ伝送の場合はアナログ回線が必要のため、データ伝送を使用する利用者は完全に光回線に移行できないなどの弊害がある。
  • 現在の放送局では基幹系放送機器はほぼすべてデジタル映像信号を扱うため、アナログ映像信号を用いた場合のようには細かな監視調整は不要となっているが、ビデオカメラや演奏所外部からアナログ回線で送られてくる映像などアナログ信号を扱う機器の調整では必須である。
  • アナログ回線からINS回線への変更時に同番移行が全国で可能になったのは1997年4月末のことである。
  • ISDN回線で利用していた顧客が再びDAMを利用するためには、ブロードバンドまたはアナログ回線への変更が必要となる。
  • 現にNHKも、過去にアナログ回線を使用中に同じ現象が発生していたが、現在は光ファイバーによるデジタル回線に移行され、全国で同じ画質および音声になっている。
  • INSナンバー・ディスプレイの契約をすることにより、アナログ回線からの着信でも発信者番号が表示されるようになる。
  • アナログ回線に接続されている。
  • アナログ回線による単機能電話機としては、これ以上の根本的な性能向上は望めない水準で、「完成された電話機」と言われる。
  • パソコン通信が開始された1980年代から1990年代末期までは、一般家庭などからパソコン通信のホストやインターネットへアクセスする場合、ほとんどのケースではアナログ回線やISDN回線などの一般的な電話回線を使い、発信場所から最も近いアクセスポイントへ接続を行い通信をすることが主流であった。
  • そのため、新型パソコンでは標準装備されることが少なくなったFDドライブを外付け方式などで増設したり、データ伝送のためのアナログ回線モデムを増設したりする必要がある。
  • また、アナログ加入者線とISDN基本速度インターフェースの自動判別機能を持ち、アナログ回線に接続された時に内線交換機として働くものもある。
  • 一般の電話回線や短波の無線回線など音声用のアナログ回線は3KHz程度の帯域幅しかなく、この帯域で音声のデジタル信号を送るためには大幅な情報の圧縮が必要になる。
  • ジュピターテレコムの傘下のCATVにおいて、1997年から2004年頃までに導入された地域会社・住所によってはVoIPではなくアナログ回線による回線交換式で提供している。
  • 用途はNTTがサポートするアナログ回線の内、特定回線によるものとほぼ同じで、アナログの専用線からの置き換えが進んでいる。
  • なお、スプリッタを使用する際、ここでは電話機と表現しているが、アナログ回線用のファクシミリやアナログ・モデム等も電話機と同じ扱いとなる。
  • 一方、NHKについては開始当初はアナログ回線使用料は高額であったものの事前に予算を組んでいたことや2004年にNTT中継回線は全国回線・道内回線ともにデジタル回線に移行され、回線使用料はアナログ回線に比べ安くなっているため北海道内全域でもアナログ・デジタルとも実施されていて受信可能となっている。
  • アナログ回線のマルチマッチングのサービスは終了したため、2008年現在はマルチマッチングBBのみに移行している。
  • 次へ »