アトレヤ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • その後、アジャイが殺害され、彼を尾行していたアトレヤが容疑者として逮捕される。 ...
  • 大学生のアトレヤは夜中に母の急死を知り故郷ネルールに向かうが、到着した時には母の遺体は叔父によって火葬されていた。 ...
  • アトレヤたちはヴァスダの拠点であるNGO団体事務所に向かったが、ヴァスダたちは逃亡した後だった。 ...
  • 自分たちが何者かに利用されていることを知ったアトレヤはボビーと協力して捜査を始め、=間の線路上に身元不明の遺体が数多く発見されていることから、貨物列車から遺体が投げ捨てられていると推理する。 ...
  • アトレヤは現場の状況からヴァスダたちがラージャスターン州に逃亡したことに気付き、現地の警察と協力してヴァスダたちの逮捕に成功する。 ...
  • 殺害現場に到着したアトレヤは自分を尾行するボビーを拘束して事情を聞こうとするが、彼はアトレヤと同じ探偵で、アトレヤが事件に関わっているという情報を得て尾行していたことが判明する。 ...
  • 大学で入手した写真を確認したアトレヤは、ヴァスダの遺体にあった刺青が写真に写っているヴァスダにはないことに気付き、事件の犯人がヴァスダであることが明らかになる。 ...
  • ヴァスダは父と共に犯罪に手を染めており、それに気付いたアジャイとハルシャを殺害し、アトレヤに罪を着せて殺害しようと画策していた。 ...
  • アトレヤは留置所の中でマルティ・ラオに出会い、彼の娘ディヴィヤがで強姦・殺害されたことを聞かされる。 ...
  • アトレヤは続けて殺害されたハルシャ殺害の容疑もかけられるが、犯行日にマルティ・ラオと面会するために訪れたヴェンカタチャラムの刑務所を訪れていたことが立証されたため保釈される。 ...
  • アトレヤとスネーハはハルシャの自宅で手がかりを集めるが、そこで命を狙われる。 ...
  • アトレヤはマルティ・ラオに確認を取ろうとするが、警察からは「マルティ・ラオという人物は収監されていない」と返答される。 ...
  • アジャイとハルシャの所在をつかんだアトレヤとスネーハは2人を尾行し、その途中でアトレヤは死んだはずのディヴィヤに出会うが、彼女はマルティ・ラオの娘ではなく名前も異なっていた。 ...
  • 釈放されたアトレヤはディヴィヤを殺害した犯人を捜すため、助手のスネーハと共にマルティ・ラオから聞き出した3人の人物の調査を始める。 ...
  • アトレヤたちは同地で「マルティ・ラオ」ことゴーパーラムを発見し、彼から事件の全容を聞き出す。 ...