アッシリアの中核地帯

17 の例文 (0.00 秒)
  • 彼らはユーフラテス川を渡り自律的なネットワークを構築する能力があり、アッシリアの中核地帯に侵入し始めていた。 ...
  • この征服の結果、多数のエジプト人がアッシリアの中核地帯に強制移住させられた。 ...
  • このことはアッシリアの中核地帯が侵略者によって奪われた後、中央権力が存在しない中で、リンム年名が地方化し、しばしば単一の都市に限定されて使用されるようになったことを示す。 ...
  • サルゴン2世の統治が始まった当初、アッシリアの中核地帯と帝国の周辺地域での抵抗に直面した。 ...
  • 新バビロニア王ナボポラッサルと新たに成立したメディアの王キュアクサレス2世はその後アッシリアの中核地帯へと侵攻した。 ...
  • 前1千年紀最初の1世紀の間、小ザブ川の下流域はアッシリアの中核地帯となっていた。 ...
  • サルゴン2世が示した慈悲は、アッシリアの中核地帯で治世初期に彼に反乱を起こした人々の命を奪わず、またライバルであったメロダク・バルアダン2世の命も奪わなかったことである。 ...
  • 両国の境界がどこにあったのかは議論があり、近年までアッシリア滅亡後のメディアはアッシリアの中核地帯のティグリス川東岸とハッラーン地域を制圧していたという見解が一般的であった。 ...
  • 彼らからの報告を通じて、エサルハドンはサシの支持者たちがハッラーンだけではなく、バビロンとアッシリアの中核地帯でも活動していたことを知っていた。 ...
  • 成功裡に終わったバビロニアへの遠征の時のように、サルゴン2世はセンナケリブをアッシリアの中核地帯を担当させるために残し、自らは軍を率いてメソポタミアを経由してアナトリアに入った。 ...
  • センナケリブの死はバビロニアとレヴァントでは神罰が下ったものとして歓迎され、一方アッシリアの中核地帯の反応は恐らく憤激と恐れであった。 ...
  • アッシュールバニパルとシャマシュ・シュム・ウキンの王位継承を確実なものとするため、エサルハドン自身もまた少なくとも6人の東方の独立諸国の君主およびアッシリアの中核地帯の外側にいた複数の総督と前672年に継承条約を締結した。 ...
  • 同時に、南部におけるエサルハドンの建設事業はかつてないほど壮大・野心的なものであったが、彼はアッシリアの中核地帯でも、バビロニアほど市民志向ではなかったものの、同様の計画を完遂した。 ...
  • ナボポラッサルが自ら征服したばかりのアッシリアの中核地帯を巡幸した後、メディア・バビロニア連合軍は前610年11月にハッラーンに対する遠征を開始した。 ...
  • サルゴン2世がバビロンに居を構えていた間、センナケリブがカルフで摂政を担い続け、前706年にサルゴンがアッシリアの中核地帯に帰還するとともに宮廷はドゥル・シャルキンに移転した。 ...
  • 前612年にアッシュール・ウバリト2世がアッシリアの支配者となった時、彼の主たる目標はアッシュールとニネヴェを含むアッシリアの中核地帯の奪還にあった。 ...