アセト乳酸

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ピルビン酸の二量化によって生成するアセト乳酸の脱炭酸で生成する。 ...
  • ビール醸造の場合、前発酵段階の前半で生成したアセト乳酸は前発酵後期には減少しはじめる。 ...
  • ALS阻害剤として、アセト乳酸合成酵素の働きを阻害することにより作用する。 ...
  • アセト乳酸生成を早期に終結させる、アセト乳酸の分解に要する期間を十分にとるなどの方法によりジアセチル臭発生を制御している。 ...
  • ジアセチルは、ビールにおいても日本酒と同様にアセト乳酸の脱炭酸により生じ、風味を損なうオフフレーバーとして認識される。 ...
  • アセト乳酸は酸化的脱炭酸分解によりジアセチルとなる。 ...
  • そのためアセト乳酸の生成も早期に終わり、ジアセチルは酵母によってアセトインに還元され、消失する。 ...
  • 乳酸菌細胞内でのアセト乳酸生成はpH6アセト乳酸合成酵素によるものであり、アセト乳酸の生成量は酵母に比べて多いがアセトヒドロキシ酪酸の生成量は非常に少ない。 ...
  • 当時はアセトインの酸化によるものと考えられていたが、現在では、1959年にド・マンが証明した、酵母の場合と同様に乳酸菌により生成されたアセト乳酸の酸化的脱炭酸分解による経路と、1968年にコリンズらが提唱した、アセチルCoAと活性アセトアルデヒドの生合成による経路の2つが考えられている。 ...
  • すなわち、アセト乳酸シンターゼおよびケトール酸レダクトイソメラーゼによって生成したジヒドロキシカルボン酸が生成する。
  • 除草剤としては、アセト乳酸合成酵素を阻害する。 ...
  • 発酵時の麦汁の温度が高めであったり、酸素の供給量が過剰だと酵母がバリンを消費し尽くし、バリンの持つアセト乳酸合成酵素に対する阻害効果が損なわれるため、アセト乳酸の生成が増える。 ...
  • 酵母細胞内で、ピルビン酸と活性アセトアルデヒドとがpH8アセト乳酸合成酵素による縮合で、バリン生合成の中間体としてアセト乳酸が生成される。 ...
  • 系統名は、2-アセト乳酸 メチルムターゼである。 ...
  • 従って、この酵素の基質は2-アセト乳酸、生成物は3-ヒドロキシ-3-メチル-2-オキソブタン酸である。 ...