アスピラント

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 女は抑えた声でアスピラントが熱望する人という意味であると諭すような口調で呟いた。 ...
  • いちばん後ろの席はシスターやアスピラントが占めている。 ...
  • なによりもアスピラント教子は掻爬とその結果による不妊を呪っているのです。 ...
  • 女はそれに気づかないのか、気にしていないのか、よけもせずに、くっきりとした声でアスピラントとは童貞さまになることを熱望している者のことですと宣言した。 ...
  • 長崎でアスピラント教子は愛を誓いあった人がいたのね。 ...
  • わたくしはアスピラント教子から率直にすべてを相談されて、弱りはてました。 ...
  • 「さあ、あなたとアスピラント教子の関係を説明なさい」 僕は首を左右に振った。 ...
  • アスピラントの私が言うことではありませんが、もともと、あやふやでしょう、神様という存在。 ...
  • それがアスピラント教子の胎内をひどく傷つけたのですよ。 ...
  • 僕の隣りにしゃがんで漠然と白を見つめている女はアスピラントとして修道女になる修行をしながら、生徒たちの食事の準備や洗濯など女手の必要な部分をこなし、幼年部の子供の面倒をみているのだ。 ...
  • 僕たち、アスピラントにランクをつけてるんです。 ...
  • 「アスピラント教子は、自分の意志でここにきたわけではないの」 僕は玉葱を離して、引力を確かめた。 ...
  • 幼いころから途轍もなく素行の悪かった僕は幾度も補導されたあげく児童相談所送りになり、小学校高学年から中学の三年間をこの修道院兼教護院に閉じこめられていたので、アスピラントという言葉は知っていた。 ...
  • アスピラント教子は、じつはお父様の意向でわたくしにあずけられたかたちなんですよ。 ...
  • はい、アスピラントです。 ...