アジア原産

39 の用例 (0.00 秒)
  • ヨーロッパ、アジア原産だが、北米やオーストラリアにも分布している。
  • ヨーロッパ・西アジア原産で、世界各地で外来種として定着している。
  • ゴジカは熱帯アジア原産の多年草で、日本では春蒔き一年草として扱う。
  • 小アジア原産の常緑小低木で枝は垂れ、地下茎を伸ばして繁殖していく。
  • サフランは西南アジア原産であるが、最初に本格的に栽培されたのはギリシャである。
  • アジア原産で、現在ではアジア東部とインドに見られる。
  • 東アジアおよび南アジア原産であるが、その他多くの地域に園芸植物として導入されている。
  • 熱帯アジア原産で沖縄には普通に見られるが、これも持ち込まれた可能性が示唆される。
  • アジア原産で日本にも分布している。
  • クサビコムギは、南東ヨーロッパおよび西アジア原産のイネ科植物の一種である。
  • かつてイワブクロ属であると考えられていたアジア原産の植物は、現在ではPennellianthusという別の種類に置かれている。
  • アフガニスタンからインドネシアにかけてのアジア原産、中国や台湾にも分布する。
  • この青は西アジア原産のラピスラズリという宝石から作った非常に高価な絵の具を用いたものである。
  • 遺伝子的には現在の秋田犬にも米国の研究チームにより、柴犬などのアジア原産の犬と同じルーツを持つ特徴が基本的に残っていることが確認されており、その中でも北方のマタギ犬由来とされる。
  • イラン原産のグリーンレーズンのように、アジア原産で主に専門店でのみ扱われるものもある。
  • 西アジア原産で、コムギやオオムギ、エンドウなどと同時に栽培化されたと考えられる。
  • クズ属は、アジア原産の植物15〜20種 からなる属である。
  • インド、熱帯アジア原産の常緑高木であるが、観葉植物として流通している。
  • およそ紀元元年から紀元前1000年の間にフェニキア人がイタリアに持ち込んだアジア原産の牧羊犬に、地元の犬やマレンマ・シープドッグなどの犬を交配させることによって作られた。
  • サポナリアは南ヨーロッパおよび西南アジア原産の約20種の多年生ハーブからなるナデシコ科の属である。
  • 次へ »

アジア原産 の使われ方