アウェアネスリボン

18 の例文 (0.00 秒)
  • また、ティールアンドホワイトリボンはアウェアネス・リボンでもある。 ...
  • アウェアネス・リボンは、衣服にピンで留められるか、車のアンテナのような物の周りに結ばれる。 ...
  • アウェアネス・リボンの増加は、努力も時間もお金もかけず「見せかけの支援」を人々に許すスラックティビズムの形であるとして批判された。 ...
  • アウェアネス・リボンの背景にある意味は、その色によって決まる。 ...
  • 車の装飾品としてのアウェアネス・リボンも存在する。 ...
  • このリボンは21世紀に入ってから大祖国戦争における勝利のシンボルとしてアウェアネス・リボンなどに使用され、ロシアの愛国心の象徴となった 大祖国戦争、独ソ戦などの用語が使われている。 ...
  • シルバーリボンは、脳や心に起因する疾患およびメンタルヘルスへの理解を促進することを目的として展開されるアウェアネスリボン運動、もしくはそのシンボル。
  • レッドリボンたる、赤のアウェアネス・リボンである。 ...
  • アウェアネス・リボンとは、輪状に折った短い一片のリボン、もしくはそれを描いた絵などで、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス、その他世界各地で着用者が社会運動、もしくは社会問題に対して、さりげない支援や賛同の声明を出す方法として使用されている。 ...
  • メンタルヘルス問題に関する世間の意識や関心を高め、偏見や社会的スティグマを無くし、正しい知識を普及するため、グリーンのアウェアネス・リボンをシンボルに世界中で啓発活動を実施している。 ...
  • サポートリボンとは、朝鮮学校の児童・生徒に対する連帯を表したアウェアネス・リボンの一種で、子どもの人権・埼玉ネットが始めた社会運動である。
  • メンタルヘルスに関連するアウェアネスリボン運動のシルバーリボンが、2011年から「メンタルヘルスデー」に合わせたイベントを展開している。 ...
  • 記念品、ノベルティ、お土産、アウェアネス・リボンとして作られ、或はサークルや個人で制作する例も見られる。 ...
  • 啓発デーにおいて、慢性疲労症候群の象徴色は青であり、アウェアネス・リボンとしてブルーリボンが用いられる。
  • 世界精神保健連盟が、1992年にメンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、ネガティブなステレオタイプ化に反論し、人々に体験発表の場を与えることを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定め、グリーンのアウェアネス・リボンをシンボルに啓発活動を展開。 ...
  • 国際啓発デーにおいて、線維筋痛症の象徴色はパープルであり、アウェアネス・リボンとしてパープルリボンが用いられる。