アイリアノス

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 上記のアイリアノス以前に、2人の詩人がスコロペンドラに言及している。 ...
  • それはギリシア人の作家アイリアノス著書『動物の特性について』という本に記されている。 ...
  • アイリアノスはさらに、この動物にはロブスターのような尾と毛のある大きな鼻があるとする目撃証言を伝えている。 ...
  • さらに古い時代のアイリアノスはこの動物を「オオウミムカデ」と呼んでいる。 ...
  • 古代ギリシアの著述家アイリアノスは『動物の性質について』において、海岸でこのような動物が知られていると報告している。 ...
  • アイリアノスらによれば、彼らは生涯にたった3度、すなわち生まれた時、結婚するとき、死ぬときにしか入浴しなかった。 ...
  • アイリアノスによるとステュムパロス人はエラシノス川とメトペ川を崇拝した。 ...
  • アイリアノスによれば彼女たちはアプロディーテーによって狂気させられ、裸のままペロポネーソスを放浪した。 ...
  • アイリアノスによれば、占い師はアレクサンドロスが横たわった地は「永久に幸福であり征服されることがない」と予言したという。 ...
  • アイリアノスが書いた文献は全てギリシア語で書かれており、著述としては教訓が漂う逸話集の『動物の特性について』や『ギリシア奇談集』が有名である。 ...
  • アイリアノスによると、古代ギリシアではテミストクレスがペルシア軍との戦闘を控えたギリシア軍に道端で戦う鶏を示し、彼らを鼓舞した。 ...
  • またコリンナは音楽競技でピンダロスと競ったと言われており、パウサニアスは少なくとも1回はピンダロスに勝利したと主張し、アイリアノスや『スーダ』は5回勝利したと主張している。 ...
  • 南方熊楠は、アイリアノスらのスコロペンドラを日本の『大和本草』でいうムカデクジラのことではないか、としている。 ...
  • アイリアノス『ギリシア奇談集』第2巻35話「死と眠りは兄弟なること、ゴルギアスの死」において、レオンティノイのゴルギアスの最晩年、体は弱りいつの間にかうとうとする状態で病床にあった時「眠りの神は私を兄弟神に引き渡し始めた」と親友に言った。 ...
  • 古代には、ウサギは雌雄同体だと広く信じられており、プリニウス、プルタルコス、フィロストラトス、アイリアノスも同様だった。 ...