んだろうなァ

17 の例文 (0.00 秒)
  • こういうことなんて、世間の人間は考えないんだろうなァ、とか思って。 ...
  • 「あいつも可哀想なヤツなんだろうなァ」 滝上くんがまた言いました。 ...
  • 「あいつら、全く何を考えてんだろうなァ」 というのが早川の口癖だった。 ...
  • そういうこともあるんだろうなァ、世の中って広いからって、僕、夜の空見上げながら思ってた。 ...
  • 強靭というよりも、多分〝鈍感〟と言った方がいいんだろうなァと、思えるような人の存在を目の当りにして。 ...
  • 自立してんだろうなァ、とか思っちゃった。 ...
  • 自転車乗って出て来た時、こんな風になるとは思ってなかったし、木川田もつらいんだろうなァって、何故か知らないけどそう思った。 ...
  • と思ったりもするワケですけれども、また、 〈たぶん、ダメなんだろうなァ〉とも思ったりするワケでした。 ...
  • 「高校受験と大学受験じゃ、きっとちがうんだろうなァ」とは思いましたが、まだ高校三年にもならない二年生の時に受験勉強を始めてしまう、クラスのみんなのことが、よくわかりませんでした。 ...
  • フワフワと丸顔のスポーツ選手は、今ごろ子供をごろごろと産んで相変らず目尻を下げて笑ってるんだろうなァ、市内にいるなら今日あたり来てくれてもよさそうなものを、と軽く問いかけたら、この時、座は急にシンとなった。 ...
  • 何してたんだろうなァ、僕ら? ...
  • こんな平穏な日々がくり返され、やがて何台目かのクルマを買い替えた頃、上の子が一浪で私大に通い、下の娘が短大を出て、三人はいずれ大過なく停年を迎えるんだろうなァ。 ...
  • 注射の親玉みたいなものらしいが、なんで血が逆流してこないんだろうなァーと、アキラはしきりに点滴をのぞき込んでいる。 ...
  • ワリと明るくって、ちょっといいな、とか思ってたんだけど、なんかサァ、女の子の名簿見てるとサァ、大体こういう子達ってもう決っちゃってるんだろうなァ、とかね、ワリと勝手なこと思えちゃってね。 ...
  • 紛争もなく、破綻もなく、因循姑息いんじゆんこそく、平穏安息に分をわきまえてその善良な一生が終るんだろうなァ。 ...
  • しかしいくらやってもアタリもなければカスリもないので、毎度毎度彼はすみません、申訳ありません、どうなってんだろうなァと、詫びたり、恥じたり、嘆いたりした。 ...