わざわざ出向く

20 の用例 (0.00 秒)
  • そんな簡単な一言を聞くためだけにわざわざ出向いたのではない。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • おまえの政府嫌いはわかるが、その政府のトップがわざわざ出向いてきたんだぞ。 河出智紀『まずは一報ポプラパレスより 1』より引用
  • かえって挨拶にわざわざ出向いたことに驚きをかくしませんでした。 工藤久代『ワルシャワ猫物語』より引用
  • もう一度あんな連中に会うために、わざわざ出向いて行かなくたっていい。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • 普通なら、これぐらいのことで、わざわざ出向いては来ないだろう。 赤川次郎『悪魔のような女 懐かしの名画ミステリー2』より引用
  • 彼は昨夜のことを気にしている義貞に、結果がどうなったかを報告するため、わざわざ出向いて来たのである。 新田次郎『新田義貞(上)』より引用
  • けれど、それにもかかわらず私は今日も、人の死を見定めるためにわざわざ出向いてくる。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • そのため、中央競馬のファンなどは県外の競馬場などにわざわざ出向いており、福島競馬場で競馬が開催される時は直通の高速バスも運行されている。
  • こうしてわざわざ出向いてきたってわけよ。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第3巻』より引用
  • 領主がわざわざ出向いたことに、伝令たちは驚いた様子だった。 三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』より引用
  • しかし、蘭館の探り番がどんな用件でわざわざ出向いてきたのか。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • その電話で捕まらないから、わざわざ出向いてきたのだ。 樋口有介『苦い雨』より引用
  • で、壁の方を向いているのであるが、それなら何故、この同窓会にわざわざ出向いて来るのか。 山田詠美『快楽の動詞』より引用
  • 自殺なら、県警本部の刑事がわざわざ出向くことはないが、殺人の疑いが濃厚になったために出動となったのである。 深谷忠記『寝台特急「出雲」+-の交叉』より引用
  • また、どんなに嫌いな客でも、向こうからわざわざ出向いて来てくれた場合は、礼を尽くすようにと子供たちに言いきかせた。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • あんた、おれを招待するためにわざわざ出向いたのか? 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • 客のほうからわざわざ出向いてくれて、自分は何もしないで成績があげられるとなると、棚からボタ餅っていうところだろう。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • また、それまでは電話や手紙ですませられたことも、三時間で行けるのならと、わざわざ出向くようになった。 宮脇俊三『終着駅は始発駅』より引用
  • 宇宙人でも地球人でも、人にはそれぞれに都合というものがあり、個人の呼び出しでわざわざ出向く程ヒマではない、ということがこの実験によって明らかになったのだ。 大槻ケンヂ『のほほん雑記帳』より引用
  • 関係者のほとんどが、京子の居所を知っていたし、それを知ったときには、もうわざわざ出向いて取材する価値はとぼしくなっていた。 阿刀田高『消えた男』より引用