れる地層

48 の用例 (0.00 秒)
  • 石炭紀は名前の通り石炭特に無煙炭が大量に採掘される地層に該当する。
  • 当地の地形は麻績累層と呼ばれる地層が犀川に浸食されて形成された。
  • 出水山地の地質は九州山地南東側と同じく四万十層群と呼ばれる地層から成っている。
  • 主に和泉層群と呼ばれる地層からできている。
  • 化石記録は浸食された表土からつくられる地層に保存されている。
  • 四万十層群と呼ばれる地層と、その上に重なっている第三紀火山岩が基盤となっている。
  • 葛城山は静浦山地の南部を構成する山で、白浜層群と呼ばれる地層で構成されている。
  • 地質学の研究においては、離れた地域間でそれぞれ観察される地層が同一時期に形成されたものか、そうでない場合地層間の上下関係について判断する作業が必要となる。
  • また、ヨーロッパではこれより更に新しい約6300万年前とされる地層から、ヒプセロサウルスの卵とされる化石が発見されている。
  • 示相化石とは、その化石が含まれる地層の堆積環境を明確に示す化石のことである。
  • 地層を調べても、最古の遺跡の地層が見つかるのは植民が行われた時代の「植民層」と呼ばれる地層のごく近くとなっている。
  • 脊椎動物の進化の中に刻まれたこの出来事は、エスクミナック層と呼ばれる地層によって、今日知ることができている。
  • 古第三紀に海底に堆積した四万十層群と呼ばれる地層に花崗岩が貫入してホルンフェルスが形成された地質構造となっている。
  • 瑞浪市周辺は瑞浪層群と呼ばれる地層の上にあり、新生代新第三紀中新世の化石が多く発掘される。
  • 原料となる植物を高温高圧下に20分程度置き、石炭が生成される地層と似た環境にすると、化学変化がおきて石炭に似た物質が生まれる。
  • 丘陵は氷河期と間氷期に堆積した大阪層群と呼ばれる地層から成り、香里ヶ丘南公園でも見ることができる。
  • 化石が発見されたこの地は海成ピエトラローヤ石灰岩層、もしくはPlattenkalkと呼ばれる保存状態の良い珍しい化石が産出することで知られる地層である。
  • 南東部は古第三紀に堆積した四万十層群南帯と呼ばれる地層を基盤とし、鰐塚山地から流出する河川が扇状地や河岸段丘を形成している。
  • しかし、アメリカで、この大量絶滅から70万年後とされる地層からアラモサウルスの化石が発見され、議論を呼んでいる。
  • 姶良市はこのカルデラの北西側の外輪山に相当する位置にあり、大噴火で流れ出た火砕流が起源とされるシラスと呼ばれる地層が広がっている。
  • 次へ »

れる地層 の使われ方