れいがん

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • といって、決して男たちのやっさもっさを冷眼視しているわけではない。 ...
  • 軍人を批判することが、日本を冷眼視することにはならない。 ...
  • まず女中が挨拶をするのに対して冷眼に一瞥いちべつをくれたままで、黙って返事をしなかった。 ...
  • お登和さんの方では温情どころか冷眼を以て貴君を視ておいでです。
  • だが本会はかかる一切のデマは全く之を冷眼無視して来た。 ...
  • おのれの妻子を冷眼に視るのが、気の弱い父親のせめてもの復讐ふくしゅうであった。 ...
  • 彼を襲う憑依ひよういは熱狂であると同時におなじ質と量の冷眼でもあるのではないだろうかと、ふと思ったりする。 ...
  • 冷眼には秘密はない、秘密を育てる力はない、理智はいつも衛生に止まる。 ...
  • しかし夫人は、一緒に涙ぐんではくれたが、決してそのような冷眼れいがんを以て私を見ることをしなかった。 ...
  • と云うのは、之をいくら抑えつけても、世間が初めから之を白眼視し冷眼視しているか或いはしているような顔をしている以上、大丈夫世間から骨のある抗議は結局出て来る筈がないのである。 ...
  • だから氏が従来冷眼に見てゐた形式は、「その妹」以後一作毎に、徐々として氏に謀叛を始めた。 ...
  • 女は自分の立場の釈明や、周囲の冷眼に対する反発をこの純白のハンカチに託してゐたのだらうか。 ...
  • 兄の死を冷眼視するほど、彼女が厚顔無恥であるとしたならば、彼女を思ひ知らせるには、さうだ! ...
  • と言へば大言壮語するに似たれど、かく彼等を冷眼に見るは衛生上にも幾分か必要なるべし。 ...
  • Casusカズス として取り扱って、感動せずに、冷眼に視ている処に医者の強みがある。 ...
  • 兄の死を冷眼視するほど、彼女が厚顔無恥であるとしたならば、彼女を思い知らせるには、そうだ! ...
  • 黒岩涙香のほか、香骨居士、涙香小史、冷眼士等などの筆名を用いた。 ...