りゅうし

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その他いろいろの名の四4種の新粒子も統一されたのはいうまでもない。 ...
  • その粒子は電子の二〇〇倍くらいの重さをもつであろうと結論できる。 ...
  • およそ影というものがなく、光の粒子が霧のようにただよっているのだ。 ...
  • それとも妙なことにその粒子は、被害者自身の体についていたのだろうか? ...
  • それはつまり、彼ら自身がオーロラ粒子を放っているということになる。 ...
  • それはまるで顕微鏡という媒体を通してしか観察できない粒子のように。 ...
  • 宙をいくつもの粒子が舞い、その中央にあるのは、完全なる人型だった。 ...
  • 電子は粒子であるが、その粒子がいつも波にのって運動しているのだと。 ...
  • そして今度こそその粒子たちは光を失い、闇のなかへと消えていった。 ...
  • 光は粒子であるというもう一つの逆みたいなことも同時に真理である。 ...
  • それから軽く走って下駄箱に向かうと、すでにリュウシさんの姿があった。 ...
  • 腕が動く度になんとかリュウシの制服のそでがヒラヒラするのがうらやましい。 ...
  • まだ高速のままの機の後ろには、もえるガス粒子が長く尾をひいている。 ...
  • 風防の外は自機の翼端も見えないほどの暗い水の粒子が立ちこめている。 ...
  • 二2つの粒子のうちの重い中間子が軽い中間子に崩壊しているのである。
  • 散っていった光の粒子は、やがてあらゆる空間へと拡散してゆくだろう。 ...
  • 上下の運動が派手なせいで、リュウシさんの胸もとも派手になっている。 ...