られた嫌疑

21 の用例 (0.00 秒)
  • 不幸中の幸いにも、彼にかけられた嫌疑は会社には洩れていないようである。 森村誠一『棟居刑事の情熱』より引用
  • それが説明できない限り、僕にかけられた嫌疑が晴れることはない。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 今度は自分にかけられた嫌疑が容易でないことがひしひしと伝わっているようである。 森村誠一『棟居刑事の憤怒』より引用
  • その事件を明らかにせよと求められたら、彼の息子にかけられた嫌疑を告げなければなるまい。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • だがこの河野正三郎へかけられた嫌疑けんぎの方は、ほかのだれよりも大きかった。 高木彬光『首を買う女』より引用
  • 棟居の口調から、有光に据えられた嫌疑が容易ならざることが感じ取れた。 森村誠一『棟居刑事の悪夢の塔』より引用
  • 幸広のアリバイのないことが、彼に据えられた嫌疑をいっそう煮つめた。 森村誠一『棟居刑事の憤怒』より引用
  • 必死になって密室のなぞを解いたのも、彼女にかけられた嫌疑けんぎを晴らすためであった。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • 警察の触手がすでに彼の妻にまで伸びていることに、鶴川は彼にかけられた嫌疑が容易ならないものであるのを悟ったようである。 森村誠一『ホーム アウェイ』より引用
  • 父にかけられた嫌疑はあろうことか「スパイ」であった。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 戦時中にかけられた嫌疑がいまだに尾をひいてるの。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • その頃から、まち江は従兄にかけられた嫌疑のなみなみならぬことに気づき始めたのであった。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • しかし、だとしたらなぜ、麻里亜はそうした人物の存在を指摘して、姉に懸けられた嫌疑を晴らそうとはしなかったのだろうか。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • だからわれわれに向けられた嫌疑が徹底的に払拭ふつしよくされたとは断言できないのだけれど、元編集者の田辺だけは完全にシロとなった。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 桐子は水原が自分にかけられた嫌疑を、同志の隠れみのでカモフラージュしようとしたのではないかと警戒した。 森村誠一『棟居刑事の情熱』より引用
  • 一部の歴史家は、このヴァシリコとモノマフに向けられた嫌疑は、事実無根のものではないとみている。
  • そこでツヴィは、自身にかけられた嫌疑はおろか、シャブタイ派との関わりさえも一切否定したのである。
  • ラロックは、まるで自分にかけられた嫌疑をふり払おうと必死になっていることを印象づけようとしているかのように、いかにも苦悩しているような表情を浮かべ、顎を高くあげたまま、ケプラーとマーティンのそばにくっついていた。 ブリン『サンダイバー』より引用
  • 「じゃ一応、あなたは自分にかけられた嫌疑を絶対に否認しているというふうに記録しておきますよ」と予審判事は印象づけるような調子でそう言うと、書記のほうを向いて、記録すべきことを小声で口授した。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(2)』より引用
  • 父親井吹養之助にかけられた嫌疑は伊万里津で漆器と陶器の定期的な交易をしていた紀州商人を仲立ちにして、九谷焼の細工人に藩窯の技法を通じたといわれ、さらには親の代から潜入した御道具山の秘法窃取を目的とする幕府の隠密ではないかとの疑いも添えられていた。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用

られた嫌疑 の使われ方