より多くの燃料

11 の用例 (0.00 秒)
  • ドッキングに失敗したことで、より多くの燃料が必要になった。
  • 逆に、ノズルの孔径が同じであっても規定の燃料圧力が異なる場合には燃料圧力が高い程より多くの燃料を噴射できる。
  • この温度を実現するためには、より多くの燃料が必要であり、また同じサイズのキルンであればより少ない産出量しか期待できない。
  • 燃料となる原子核が重い場合、核融合による質量単位あたりのエネルギー生成は少なく、より多くの燃料を必要とする。
  • 高さの合計は5cm以下であるが、より多くの燃料を注入可能にするために寸法を増加することも、より短くして小型にすることもできる。
  • この命令をうけ、第20爆撃機集団のB-29と輸送機は、より多くの燃料を中国基地に移動させるため、中国基地での戦闘機による戦闘行動を減らすなどして集中的な燃料の確保を図った。
  • しかし5年後に科学者達がロレイナストーブをテストした所、使い方次第ではロレイナストーブは石を3つ置いたストーブより多くの燃料を消費する可能性があると判明した。
  • 規定噴射量はごく簡単にはキャブレターにおけるメインジェットと同様に、先端のノズルの孔径によってほぼ決定され、孔が大きくなる程同じ燃料圧力でもより多くの燃料が噴射できる。
  • 車輛が急勾配を上がる過程で、より多くの燃料消費が必要となり、典型的には大気汚染の増加が引き起こされる。
  • 熱機関は、熱サイクルの低温熱源と高温熱源の温度差が大きい程効率が良く、内燃機関は、同圧力では吸気温度が低いほど単位容積当たりの吸気質量が増え、より多くの燃料を燃焼させることが可能となり出力が向上する。
  • 酸素分圧を高めることにより同気筒容積でより多くの燃料を燃焼させるという点では、空気を一様に加圧して吸気させるスーパーチャージャーやターボチャージャーなどの過給器も、これと類似したシステムである。