よりも重い元素

17 の例文 (0.00 秒)
  • そして、鉄よりも重い元素は超新星爆発時に生成したと考えられている。 ...
  • これよりも重い元素は全て、非対称融合か超新星爆発によって生成する。
  • 鉄よりも重い元素は超新星爆発のエネルギーを吸収して初めて核融合を成すといわれる。 ...
  • このような恒星は宇宙の非常に初期段階に存在した可能性があり、後の惑星形成や我々が知る生命に必要な、水素よりも重い元素の生成を開始したと考えられる。 ...
  • この反応が繰り返され、鉄よりも重い元素が生成される。 ...
  • 恒星内元素合成は、水素よりも重い元素が恒星によって生成される核反応の総称的な用語である。 ...
  • ヘリウムよりも重い元素の存在量、つまり金属量は、鉄を基準にして太陽の半分程度で、このことからすると、太陽に比べて非常に古い恒星と考えられる。
  • この恒星に対するスペクトル分析の結果は、ヘリウムよりも重い元素の割合が太陽よりも高い事を示している。 ...
  • この分析で、フェルミウムよりも重い元素が発見されることが期待されたが、1954年から1956年にこの環礁で行われた何度かのメガトン級の核爆発後の分析でも発見されなかった。 ...
  • 第1世代の星々はこのようにして誕生し、それまで水素やヘリウムなどの軽い元素しかなかった宇宙に、星の内部の核融合反応によって、それよりも重い元素を生み出す機構が登場したことになる。 ...
  • 中性子の発見により遅い中性子を捕獲しその後ベータ崩壊することでウランよりも重い元素を生成することが可能になった。 ...
  • Beは恒星において宇宙線の陽子が炭素などのベリリウムよりも重い元素を崩壊させることによって生成され、超新星爆発によって宇宙中に分散する。 ...
  • 太陽と異なり、大質量の恒星は、水素やヘリウムよりも重い元素を使う核融合もでき、温度と圧力がさらに高くなるのと引き換えに寿命は短くなる。 ...
  • なお天体物理学の文脈では、酸素などのような化学的には非金属である元素も含む、ヘリウムよりも重い元素を総称して「金属」と呼ぶ。 ...
  • 安定の島は、原子核物理学において魔法数の陽子と中性子を含む超重核種では、ウランよりも重い元素における安定性低下の傾向が一時的に逆転するという予測のこと。 ...
  • 原子核物理学または化学において、超ウラン元素とは、原子番号92のウランよりも重い元素を指す。 ...