ようやく腰を上げ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 信君はその機になってようやく腰を上げた。 ...
  • 武蔵の部将数人をもって編成した遠征軍は、そのころようやく腰を上げたところであった。 ...
  • 長いあいだたってから、かれはようやく腰を上げた。 ...
  • 長井にとっての重苦しい三十分が過ぎて、大塚はようやく腰を上げた。 ...
  • 宮内省屋上の藤井大尉はようやく腰を上げ、のろのろと守衛隊司令所に戻った。 ...
  • それでも上機嫌に最後の一滴を呑んで、ようやく腰を上げた。 ...
  • 「そうか」男はようやく腰を上げた。 ...
  • タケツル・マサタカがようやく腰を上げた。 ...
  • その声に弾かれたように、周吉はようやく腰を上げて馬車の支度を始めたが、ナミはもう力尽きて唸ることさえ出来ない様子だった。
  • 朝倉はようやく腰を上げて、二万の兵をひきいて江州に出て、小谷山を本陣としたが、戦闘にはあまり積極的ではなかった。 ...
  • 行かなきゃと思いつつ、月日は瞬く間に過ぎてゆき、とうとう督促状まで届いてしまったので、ようやく腰を上げた。 ...
  • 病室には晴子と達也もいたが、聡子は時間ぎりぎりまで付き添い、ようやく腰を上げた。 ...
  • 久保川がようやく腰を上げ、サイゴンを発ったのは、第九回若桜会のときから、ほぼ二カ月後のことであった。 ...
  • 「事故が片付いたら、また再開するだろう」 R特捜班の面々は、ようやく腰を上げた。 ...
  • ヘイズンは、陸軍長官ロバート・トッド・リンカーンが、ガーリントン隊による救助が失敗したのち救助隊の再派遣を拒み、グリーリーの妻ヘンリエッタの運動による大衆の批判を浴びるにいたってようやく腰を上げたその反応の鈍さを問責した。 ...
  • 十一時近くになり、ようやく腰を上げ、となると、急に亭主や子供の話題に一変し、「私がいないと、主人は冷蔵庫の氷も出せないんですよ」「うちも同じ、ひっぱがしてやらないと、下着も替えませんの」「ちゃんと宿題したかしら」良妻賢母風表情を浮かべる。 ...