ように駈ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • なるほど、時が馬のように駈け出したりすることはないかもしれない。 安部公房『砂の女 (末尾補完)』より引用
  • ぼくは林の中の道や、建物群の横を、これまでに走らされたように駈けた。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • と思ううちに、一人の男がこの雨に追われたように駈け込んで来た。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それには云い知れない一種の不安も伴って、彼は無言で逃げるように駈け出した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • と、呼ぶより早く、庭のどこにいたか、黒い影が三つ風のようにけて来た。 山田風太郎『忍法陽炎抄』より引用
  • 千枝松は夢のように駈けてゆくと、誰か知らないがその肩を叩く者があった。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • マリは賛沢品の商品窓を感ずると突然競馬馬のように駈けだすのであった。 吉行エイスケ『スポールティフな娼婦』より引用
  • 弥九郎と少年たちは頬を真っ赤にさせて、つばめのむれのように駈け去った。 山田風太郎『海鳴り忍法帖』より引用
  • そしてあの、長かった夏も同じように駈け足で僕の前から立ち去っていった。 鈴木明『リリー・マルレーンを聴いたことがありますか』より引用
  • それから私は、自らどこへ行くとも知らずに、韋駄天いだてんのように駈けたのである。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 信秀どのみずから中軍より前に乗り出し、全軍風のように駈けております。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • いっせいにどっと立って、その物音の方へ黒い奔流のように駈け出した。 山田風太郎『忍法剣士伝』より引用
  • その炎に、赤く見える野面のづらを、鹿のように駈けてゆく影が、武蔵であった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • と叫んで、それぞれの受持区域にむかって、砲弾のように駈けだした。 海野十三『空襲警報』より引用
  • 果たせるかな山上から、松田隊の先鋒がまるで濁流のように駈けて来た。 吉川英治『新書太閤記(八)』より引用
  • だれかが影のように駈け寄り、神島の肩のあたりをどんと押した。 新井満『尋ね人の時間』より引用
  • 踏まれた蓬髪に傾いた頭が、疾風のように駈ける足先に蹴りつけられた。 横光利一『上海』より引用
  • 金次郎はまろぶように駈け寄って抱きあげたが、私は棒立ちになっていました。 山田風太郎『魔群の通過』より引用
  • 龍胆はみちもない草だらけの崖を、風鳥ふうちようのように駈け下りてゆく。 山田風太郎『忍法破倭兵状 ―山田風太郎忍法帖短篇全集(3)』より引用
  • 平次と八五郎と又六はすぐさま数寄屋橋までくつわを並べるように駈けました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 14』より引用