ように駆ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • 誰かが急ぎ足で逃げるように駆け降りて行くのが、チラッと目に入った。 赤川次郎『ひまつぶしの殺人』より引用
  • 腹立ちに目がくらんだ他の二人はその上にかぶさるように駆け降りたわ。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 人影ひとかげが空を切る音と、しなった枝の音がまるで強風のようにけていく。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録05 黒い炎の挑戦者』より引用
  • 風と一体になって世界を一匹の獣のように駆けていくのだ。 恩田陸『ドミノ』より引用
  • パーンは、くちびるむようにけよってきた女戦士にも、そう声をかけた。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • 薄暗くなって行く中を嵐と雪との中にまじって狂うように駆けて行く。 水野葉舟『遠野へ』より引用
  • その隙にお文は座敷を飛び出し、階段を転げるように駆け下りていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 突然、麻也姫はすぐ前の方を、草の波をおどるように駆けてゆく影を見た。 山田風太郎『風来忍法帖』より引用
  • アパートの階段を音を立てないように駆けおりて、自転車で奥ノ山にむかった。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • ふたりの姿を察知したとたん、生き残りの猫たちは逃げるように駆け去った。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 11 5121小隊の日常II』より引用
  • 僕は前振りにかけた時間を取り戻すがごとく、疾風はやてのように駆けた。 西尾維新『偽物語(下)』より引用
  • 声がした方を見ると、政嗣が廊下をすべるように駆けてきていた。 西風隆介『神の系譜Ⅵ 竜の時間 神国』より引用
  • キャリア組は特急列車のように駆け上がってゆくのである。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • 何もかも忘れた様子でルーンはそう言い、右手へ飛ぶように駆けていった。 荻原規子『西の善き魔女4 世界のかなたの森』より引用
  • 龍蓮は手早くいつもの馬鹿な衣裳いしょうを身につけると、風のようにけていった。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • 若い医局員の一人がコマ鼠のように駆けてエレベーターのボタンを押しにいく。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • 律子も子供のように駆けてきて、水飛沫を上げてプールに飛び込んできた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 歩廊の階段を飛ぶように駆け上っているといったほうがその姿を伝えることができる。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • 踊るように駆ける志貴さまに、誰も傷をつけられず、誰も触れられず。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • タロスがそんな不安を覚えた時、リッキーが転がるように駆けてきた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用