ように走り出す

30 の用例 (0.00 秒)
  • 次の瞬間、ぼくらはスキーの上に低く身を屈め、風のように走り出した。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • みなまで聞かず、ジャックは自転車に飛び乗って風のように走り出した。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 祥子さまが運転席にいる人に一言告げると、車は滑るように走り出した。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 立派やかな侍、いい客と思ったので、かごが、すぐに矢のように走り出す。 三上於菟吉『雪之丞変化』より引用
  • パニックになった人がパチンコ玉の箱を通路にこぼしたように走り出す。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • ふかふかのバック・シートにおれたちを収め、車は滑るように走り出した。 菊地秀行『トレジャー・ハンター08 エイリアン邪海伝』より引用
  • 次の瞬間には踊り上るように走り出して曲者のあとを追っていた。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • やがて二人の車はフォークストーン街道に出て滑るように走り出した。 クリスティ/赤冬子訳『三幕の殺人』より引用
  • 停車する前からドアの前に立ち、開くと同時にマラソン選手のように走り出した。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • こいつが耳のなかでがらがら鳴るから、馬は気がくるったように走り出す。 横溝正史『人形佐七捕物帳 12』より引用
  • 小声で文句を言いながらも、若い社員は逃げるように走り出した。 姉小路祐『死の逆転 ―京都が危ない』より引用
  • そんな通りの横道から、二人に体をぶつけるように走り出してきた人物がいたのだ。 荻原規子『西の善き魔女外伝2 銀の鳥プラチナの鳥』より引用
  • その意味を考え始めてしまう前に、逃げるように走り出す。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第02巻』より引用
  • 雪香は音もなく、風鳥ふうちようのように走り出すと、津田のうしろに追いすがった。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • ゆり絵に引きずられるように走り出してしまったが、だいじょうぶなのか。 わかつきひかる『AKUMAで少女 02 ~嵐を呼ぶ転校生~』より引用
  • ユラリと、村雨が一頭の巨大な犬の背に乗ると、二匹の犬は闇の底を風のように走り出した。 山田風太郎『忍法帖4 忍法八犬伝』より引用
  • 床に五千円札を置いて、わたしは逃げるように走り出した。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • 大妖狐だいようこあせったように走り出し、その大きなかしの木の根本に立った。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 次の瞬間、かれは鍛えあげた健脚にものをいわせて、影のなかを矢のように走り出した。 R・E・ハワード『征服王コナン』より引用
  • と、天兵衛が恐怖の声をあげて、まりがころがるように走り出した。 山田風太郎『信玄忍法帖』より引用
  • 次へ »