ように蒼白い

34 の用例 (0.00 秒)
  • 女の顔は蝋のように蒼白く、この世のものでない恐しい美しさであった。 松村みね子『かなしき女王』より引用
  • 美しい顔はなしの花のように蒼白あおじろく、ほとんど笑ったことがないのです。 山田風太郎『魔群の通過』より引用
  • 豊かな頬の肉はげっそりと痩せて、顔の色は水のように蒼白くなった。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 自動車が探照燈のように蒼白く煙たつ強光を投げて、暗い闇に駛り去る。 宮本百合子『南路』より引用
  • それにしても、どうしてこの男の皮膚はこのように蒼白いのだろう。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • そういってから、彼はほっとしたように蒼白い額に手をやってため息をいた。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • 裏に梨の花が咲いている反映のせいか、かれの皮膚もそれのように蒼白あおじろい。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • がそのかげの中にも、それが灰のように蒼白いことがよくわかった。 直木三十五『秘密の庭』より引用
  • 隼人正は病気ではなかったが、病人のように蒼白くやつれた顔色をしていた。 山田風太郎『忍法破倭兵状 ―山田風太郎忍法帖短篇全集(3)』より引用
  • 譲次の姿を見ると、女はほっとしたように蒼白いながらもほころびそうな笑顔で迎えた。 横溝正史『殺人暦』より引用
  • 船頭は舟を動かしたが、暗い波はそこだけが下に光源を持っているように蒼白かった。 松本清張『黒の様式』より引用
  • というのは一瞬、この学生の乳漿にゅうしょうのように蒼白い顔が、彼の眼に浮かんだからだ。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • 透き通るように蒼白い顔の皮膚をたるまして、枕の上にがっくりとなっていた。 豊島与志雄『幻の彼方』より引用
  • 公園の高いさくを軽々と乗り越えた身の軽さや、あの氷のように蒼白あおじろい瞳を別にしても。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 彼は女のように蒼白い顔になりました。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • それが額際ひたいぎわへきていつものように蒼白あおじろく変わっているあたりに、汗が少しにじみだした。 夏目漱石『それから』より引用
  • 死人のように蒼白く、死体が立っているのかと思われた。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(下)』より引用
  • 熱が去ったか、ろうのように蒼白い顔に、眼がうつろなふし穴みたいに見えました。 山田風太郎『魔群の通過』より引用
  • 悲鳴を発した瞬間の形を保った唇は、真冬の外気にさらされ続けたかのように蒼白い。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 昨日まで赭味あかみがかって健康そうに見えていた彼の顔が、今日は別人のように蒼白く色を失っていた。 海野十三『地球盗難』より引用
  • 次へ »