ように細い

390 の用例 (0.02 秒)
  • 開くといっても糸のように細い眼だから、瞠ったという印象は与えない。 久生十蘭『魔都』より引用
  • 烏丸通りをどんどん歩いてゆくうちに、雨が霧のように細く落ちて来た。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 背丈も体の細さも城部新十郎とほぼ同じだが、骨は女のように細かった。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 針のように細い灼熱の光条が、その一点から四方へと無数に放出される。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • そのため、日常生活では糸のように細いサブの金属筋を使用している。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • 針のように細い眼がいっそうほそくなって、すっかり見えなくなっていた。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • 海からの軽い微風が吹きつけてよこす糸のように細い冷たい雨だった。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • 針のように細く光る両眼と、高い鼻梁びりょうの一部がのぞいているにすぎない。 池波正太郎『剣客商売 03 陽炎の男』より引用
  • まゆ毛もぬけ落ち、張ったひたいの下に針のように細い眼が笑っている。 池波正太郎『火の国の城 上』より引用
  • 藤村さんが笑ったときの眼に似た糸のように細い眼になっている。 姫野カオルコ『ドールハウス 処女三部作1』より引用
  • それはまたのように細くなって下流の闇のなかへ消えてゆくのである。 梶井基次郎『闇の絵巻』より引用
  • 影のような男は、勝手知ったように細い道を右に曲がり、左に折れた。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • 枯れ枝のように細い指を持つ大きな手の先だけが、袖口そでぐちからのぞいている。 流星香『プラパ・ゼータ 1 聖女の招喚』より引用
  • 糸のように細い銀鎖だから、少し力を入れただけでも切れやすい。 松本清張『火と汐』より引用
  • 手の中につかんだ砂を、砂時計のように細い糸にして落として行く。 赤川次郎『滅びの庭』より引用
  • レンズの奥の目は糸のように細く、まるで常に笑っているかのようだ。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • その眼は猫のように細くなり、やがて緑色の光を発するだけになった。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • 店は奥へ入るほど狭くなって、やがて暗い廊下のように細くなってしまう。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 背がすらりとまっすぐに高くて、顔も手も脚も、針金のように細かった。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • こう叫んでいるうちにも、お雪の声は、風の叫びのように細くなっていった。 ハーン/斎藤正二訳『怪談(完訳)』より引用
  • 次へ »