ように気軽

48 の用例 (0.00 秒)
  • 現在のように気軽にタクシーに乗るようなぜいたくはしない時代のことだ。 大塚公子『死刑執行人の苦悩』より引用
  • 鹿はおれとの間に何の問題も存在していないかのように気軽に話しかけてくる。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 足立先生は自分のことでもしているように気軽に鉄三の作業を手伝っていた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 浅羽先輩のように気軽に名前にちゃん付けで呼べる人はすごいと思う。 平坂読『ラノベ部 第1巻』より引用
  • 前からの知り合いのように気軽に佐々木が声をかけたので高志は驚いてしまった。 姫野カオルコ『変奏曲』より引用
  • 無責任な立場にいるからこそ、クイズのように気軽に取り組めるのである。 森博嗣『X 03 タカイ×タカイ』より引用
  • 少女は、常のように気軽な元気な言葉が出なかった。 素木しづ『咲いてゆく花』より引用
  • 当たり前のように気軽に話しかけてきたのは、美形の青年だった。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス05 エモーショナル・ハウル』より引用
  • 三井君は、死ぬる二、三日前まで、そのように気軽な散歩を試みていたらしい。 太宰治『散華』より引用
  • だから前のように気軽に散歩のついでにツクシをとる、というわけにはいかなくなった。 矢口純『酒を愛する男の酒』より引用
  • 大塚はいつもと同じように気軽に飲み物をつくってくれた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 何があったのかは分からないが、今のように気軽に昔の体験を話せるまでに心がいやされるのには、きっとかなり長い期間が必要だったに違いない。 山本弘『サーラの冒険 4 愛を信じたい !』より引用
  • 新聞社の図書室のすみっこでペラ紙に書きとばすように気軽に彼はなぐり書きした。 開高健『青い月曜日』より引用
  • 賑やかに話し合いながら楽しそうに準備をしている婦人たちを見ても、いつものように気軽な言葉をかけられない。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 彼は、「きょうは西の畑に種をまいただよ」とでも言うように気軽に知らせるつもりだったが、そんなわけにはいかなかった。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(1部)』より引用
  • 伊三次に気づいて一瞬、渋い表情をこしらえたが「来ていたのか」と、いつものように気軽な言葉を掛けた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 美奈子は、入園一日目で、みどりのように気軽に話のできる相手を見つけられてよかったと思った。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 後から入ってきた客同士も皆顔なじみのように気軽に言葉を交わし合い、店の女主人もにこやかに応じている。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • また、創業当時は世界旅行は当時一般大衆の憧れであった一方、現在のように気軽に行けるものではなかった。
  • たしかに私たちもそれなりに年齢を喰っていて、もう昔のように気軽に、お互いの生き方を批判したりできない。 色川武大『花のさかりは地下道で』より引用
  • 次へ »