ように歪む

20 の用例 (0.00 秒)
  • 子供たちを魅了するチャーミングな笑顔は、嘲弄ちようろうするように歪んでいた。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • ひとりクローヴィスの口が何か短い言葉をいったように歪んだ。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • ハリーのほうを向きながら、スネイプの唇が勝ち誇ったように歪んだ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • 顔はいつにも増して白く、口許は怒っているようにゆがんでいた。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 一度元に戻っていたラタックの顔が、またひきつったように歪んだ。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 目の前が完全に混乱して、道は二重にも三重にも見え、建物はひしゃげたようにゆがんで見えた。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • そんなことを思って苦笑いをすると、釣瓶の中の水に浮かんだ月も同じようにゆがんだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • その二階は波を打つようにゆがんで、いまにも崩壊しそうであった。 柳田邦男『空白の天気図』より引用
  • その眼は涙できらきら光っていたが、その口は幼い子供の泣き笑いのようにゆがんでいた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 長く黒い髪を後ろに束ねたそれの眼や鼻や口は、わずかに渦を巻くようにゆがんでいた。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • すぐにその顔が汚物を覗きこんだかのように歪んだ。 馳星周『不夜城』より引用
  • 和服を着た女も洋服の女もいたが、どの顔もみんな疲れきって押し潰れたように歪んでいた。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • その不自然な抑制のために、彼の表情は、別人のように歪んでいた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 治子は笑おうとしたが、顔がひきつったようにゆがんだだけだった。 赤川次郎『冬の旅人』より引用
  • そして、そんな矢島久美の顔は、おれの指の動きにあわせるように歪むのだ。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • わたしが不満そうに言うと、葉山くんの表情が苦虫を噛み潰したように歪む。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用
  • 池の中で旗亭の風雅な姿は積み重なった洋傘のようにゆがんでいた。 横光利一『上海』より引用
  • しかし、そういう黒潮自身の顔も引きつったように歪んでいた。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 惑星周辺に希薄ながらも存在する大気のせいで、その姿は陽炎ごしに見ているかのように歪んでいる。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • その時、板屋の首が後ろに曲がり、その口はひきつったように歪んでいたという。