ように吟子

20 の用例 (0.00 秒)
  • 経済的に落ちつくのを見計らったように吟子に新しい不安が訪れてきた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • それは悪魔のように吟子に病気がなおっていないことを思い出させた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 続き絵を見るように吟子の脳裏にゆっくりと順天堂医院での一時がよみがえった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • この忙しさに輪をかけるように吟子は大日本婦人衛生会の幹事に推された。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吐き捨てたくなるほどの男への嫌悪けんおだけが砂をんだように吟子の心に残った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • ともすれば帰ろうと揺らぐ気持をしかるように吟子は友子に返事を書いた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 病気に苦しんでいたのに、今となってはその頃が一番楽しかったように吟子には思われる。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 髭の男は左手をふところに入れたままからかうように吟子に言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 一雨毎ごとに秋が深まるように吟子の体は弱っていくようであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 男達は見知らぬ女を見るように吟子を見ていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 鋭い針が光のように吟子の背を貫いていった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • すえは怯えたように吟子の顔を探ってからかすかにうなずいた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 一度押しのけた悔いが再び潮のように吟子の胸に寄せてきた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう思った時、雪崩なだれのように吟子の頭に、十三年前の白く明るい診察室での記憶が甦った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 男達の気を奮い立たせるように吟子が言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 藻掻もがき、叫びながら、やがて力尽きたように吟子は鏡の前に坐り込む。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 吸い込まれるように吟子は志方の腕の中に抱え込まれた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 母親は怯えたように吟子を見上げた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 瞬間、男達は「おや」というように吟子を見直した。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 看護婦は探るように吟子を見直す。 渡辺淳一『花埋み』より引用