ような険しい

47 の用例 (0.00 秒)
  • 記憶のなかにある、あのときの母親とは別人のような険しい顔だった。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • たかのような険しい眼をすえて、文次は黙って、その屋敷をみつめている。 林不忘『つづれ烏羽玉』より引用
  • 人ひとりがやっと歩けるような険しい道が深い谷へ落ちている。 長尾三郎『生き仏になった落ちこぼれ』より引用
  • それ以前とはまるで別人のような険しい表情をしていた。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 俺が睨むと、今まで見せたこともないような険しい顔である。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • 怒ってるような険しい顔つきで、電車の出発と到着時刻が細かく印刷された紙をテーブルに置いた。 野村美月『文学少女の追想画廊 特別ショートストーリー いつか、きみに会う日まで』より引用
  • 食堂の方へ廊下を歩いて行くと、工員たちが今まで一度も見せたこともないような険しい表情をして次から次に通りすぎた。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 遭難地点はよほどぼんやりしていなければ、転落するような険しい場所ではなかった。 森村誠一『山の屍』より引用
  • 彼はもう、老僧を闇討ちにして立ち退こうというような険しい心は、少しも持っていなかった。 菊池寛『恩讐の彼方に』より引用
  • これまで聞いたことがないようなけわしい声が、黒いへびのように喉に絡みつき、食いついてくる。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • ナイフのような険しい眼で野々山を見ている。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • 英心和尚は仁王さまも逃げ出すような険しい顔をしている。 宮部みゆき『孤宿の人 (下)』より引用
  • シロイワヤギはそれこそ外敵や人がこれないような険しい崖の壁の間などにいるので、この心配などはなく、他の動物とは違う何か一種超越した感じのする生き物である。
  • この会期では、修復もできないような険しい山では採掘を禁止する露天掘り規制法の強化を果たした。
  • 私の父親の飽くことのない女狂いのために、彼女は憔悴しようすいし、いつも般若のようなけわしい顔をしていた。 森瑤子『愛の予感』より引用
  • 大西は口をへの字にムッと曲げ、目をすがめ、怒っているようなけわしい顔で、あたしを見ていた。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • 別人のような険しい表情で黙々と馬を歩かせ、王宮から充分に離れたところまでくると一気に馬足を速めたのである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用
  • 倉地はともすると敵の間謀かんちようではないかと疑うような険しい眼で葉子をにらむようになった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 三澤は睨みつけるような険しい目だったが、小さく頷いた。 森博嗣『X 03 タカイ×タカイ』より引用
  • 倉地はともすると敵の間諜かんちょうではないかと疑うような険しい目で葉子をにらむようになった。 有島武郎『或る女』より引用
  • 次へ »