ような緩い

9 の用例 (0.00 秒)
  • 「何のために」と松本はほとんどいつものようなゆるい口調で聞き返した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 剣藤の、なんというか一種螺子の抜けたような緩い喋り方とは対極だ。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 「なんのために」と松本はほとんどいつものようなゆるい口調で聞き返した。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • ベーエはこの証言の間に、占星術を理論と呼ぶような緩い定義の元でIDも「理論」と呼ばれると認めた。
  • このような緩い定義の下で、生徒が実際の場面状況でコミュニケーション能力を育んでいくことを支援するあらゆる教育実践は、好ましく有益な指導形態であるとされる。
  • しかも夜のしらしらと明けて、さわやかな微風が緑の葉をゆるがす時刻だけはどれもこれも約半時ほどの間、同じようなゆるい調子で同じ一つの音を上下している。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用
  • 碧川は志保子の問いに答える代りに、腕時計をのぞき、それから考えこむような緩い仕種で身体を半回転させて、無言のまま歩き出した。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • ジミー・リードにも通ずるぬるま湯に浸かったような緩いサウンドで、レーベルの看板スターとなった。
  • 「いわゆる魔球と言われるような緩い球速で変化の大きい変化球よりも、カッター系やシンカー系といったムーヴィング・ファスト系の芯を外す球種の方が厄介」と述べており、こうしたムーヴィングファスト系の球種を操ったペドロ・マルティネスとロイ・ハラデイを『最高の投手』として挙げている。