ような生々しい

32 の用例 (0.00 秒)
  • これまでただの一度も、そのような生々しい形で感じたことはなかった。 森瑤子『少し酔って』より引用
  • 老婦人は半ば意図的に、少女の前でそのような生々しい話を持ち出しているように見えた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • しかも、幼い首には、ロープで乱暴に絞めたような生々しいあとがあった。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • まるで実際にいま彼がすぐそばにいて、耳許にそう囁きかけてくるような生々しさで。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 聞く者を地獄にひきこむような、塊にしたはらわたをつぶすような生々しさがあった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 11 ハイパー・ホリゾン』より引用
  • 木がおれ、枝々が払われるような生々しい音響が、ジョクの耳をうった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 08 マシン増殖』より引用
  • 八十年前に起こった、幻のような古い物語が、急にぼくらのいる現実に近づいてきたような生々しさを感じた。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • まだ表面が濡れているような生々しいやつだ。 石田衣良『骨音 池袋ウエストゲートパーク3』より引用
  • それはナイフで肉を切るような生々しい裂け方ではなかった。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • このような生々しい話をしているときには、年増組は参加できないのでおとなしくしていた。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • だが何かその口調くちょうには悲嘆を無理に押し殺すような生々しさがあり、敦樹は首をひねった。 伊都工平『天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺 〈下〉』より引用
  • その光景は、実在するかのような生々しさで迫ってきた。 辻井喬『いつもと同じ春』より引用
  • びっくりするような生々しいちがいがあります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • まるで土門拳そのものが仏像と化しているかのような生々しいまでの迫力がある。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(3)』より引用
  • 自分の声を聞いていると、どの記憶きおくも思いもどろのような生々なまなましさがうすれ、すこしみこみやすい何かに変わっていくような気がした。 上橋菜穂子『守り人シリーズ12 守り人作品集 炎路を行く者』より引用
  • それは皮膚ひふに浮き出る肋骨ろつこつのような生々しい質感を伴っていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • 自動車のなかで私は、今見たばかりの夢のような生々しさで、丹永の顔を見ていたし、その香料を嗅いでいた。 豊島与志雄『秦の出発』より引用
  • しかし、脳に直接刻み込まれるような生々しい響きで、貞子の声の侵入を受けたのは間違いなかった。 鈴木光司『バースデイ』より引用
  • そのときの、自分の身体を端から二センチずつナイフで切りとられていくような生々しい感覚は、今も容易に胸によみがえる。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • 目の前で死にゆくユージオを見たとき、確かに俺も、彼と一緒にルーリッドの村で育った、というような生々しい感覚を得たのだ。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • 次へ »

ような生々しい の使われ方