ような気軽

76 の用例 (0.00 秒)
  • まるでコンビニのレジ横に置いてあるイチゴ大福をついで買いするかのような気軽な感じで。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • まるで散歩ついでに立ち寄ったというような気軽さだった。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上)』より引用
  • アラご苦労さまと、出前持ちのお兄ちゃんにでも言うような気軽な声を出した。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • イズマが、友達に言うような気軽さで笑顔を作った。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅥ 私の王子様〈下〉』より引用
  • どんな理由であれ、それをワープロの文章を書き換えるような気軽さで操作することに嫌悪を覚えた。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • 森永は国内旅行するような気軽さで言った。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 騎士は重いためらいに縛られ、精霊は口笛を吹きかねないような気軽な様相だ。 小川一水『風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記』より引用
  • というような気軽な口調だった。 喜多嶋隆『プールサイドで踊ろう』より引用
  • おどろいて息をむパイロットの目の前でドアを開け、自家用車の後部座席に乗り込むような気軽さで中に入ってくる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 愛香は近所のスーパーマーケットに買い物にでも行くような気軽さで、こちらに足早で歩いてくる六人の不審な男たちに向かってを進め始めた。 舞阪洸『サムライガード』より引用
  • アイツは草を刈るような気軽さで俺の心臓を貫いた。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 基本的に「遊び」であるが、平安期には歌の優劣が出世にもかかわる重大事であったため今日行われるような気軽なものではない。
  • 劉輝はおそらく以前のような気軽な関係を望む。 雪乃紗衣『彩雲国物語 02 黄金の約束』より引用
  • ラーメンの出前を頼む時のような気軽な回し方だった。 小池真理子『彼女が愛した男』より引用
  • 会話の流れがこう変わってくると、葉子ははじめて泥の中から足を抜き上げたような気軽な心持ちになって、ずっと木村を見つめながら、聞くともなしにその話に聞き耳を立てていた。 有島武郎『或る女』より引用
  • 出て来るときは、気重く充実した気持ちで坂を下ったのも、帰りはもう一度少年のころの駄駄を繰り返すような気軽さで家へも這入れた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 入江の海は半分ほどにも縮まってしまい、対岸にもひとまたぎで行けるような気軽な気分に支配される。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • それをきくと、わたしはまるで垣根かきねあなをくぐりぬけるような気軽きがるさで、舷窓げんそうから外へとび出しました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 登場期間が長いため主水とも打ち解け、主水が家に出入りするのも煙たがらず、仕事のための旅の道中では、親子のような気軽なやり取りを見せている。
  • 重荷を下したような気軽さである。 矢田津世子『女心拾遺』より引用
  • 次へ »

ような気軽 の使われ方