ような気軽な口調

7 の用例 (0.00 秒)
  • 世間せけん話でもするような気軽な口調で、彼女は言葉を続ける。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 若い運転手は発車するとすぐに、客扱いに慣れているような気軽な口調で話しかけた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • と、まるで旧知の間柄ででもあるかのような気軽な口調で声をかけながら、襖をあけて入ってきた。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • というような気軽な口調だった。 喜多嶋隆『プールサイドで踊ろう』より引用
  • ちょっとした買い物でも頼むかのような気軽な口調で。 西尾維新『刀語 08 第八話 微刀・釵』より引用
  • まるで、ボーリング場へでも出かける約束をするような気軽な口調で、理加は衣服を脱ぎはじめた。 吉行淳之介『美少女』より引用
  • 「おまえは大いに間違っておる」ダンブルドアはさらにヴォルデモートに迫りながら、まるで酒を飲み交わしながら会話をしているような気軽な口調だった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用