ような気軽

76 の用例 (0.00 秒)
  • 世間話のような気軽さで、第三十五節のバレンシア戦について訊かれた。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 改った身支度もせず、彼にとっては役所の延長のような気軽さであった。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • と、空曹長は隣の家へでも、出掛けるような気軽さで、愛機の席についた。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 大塚は作家仲間に会ったときのような気軽さで声をかけた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • 世間せけん話でもするような気軽な口調で、彼女は言葉を続ける。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • ぼくは近所の桜でも見に行くような気軽さで番号を眺めていき、程なく自分の番号を見つけた。 米澤穂信『春期限定いちごタルト事件』より引用
  • まるでずっと知りあいだった友達のような気軽さで、女の人は手を差し伸べてきた。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • またファンキー通信やトレビアンニュースのような気軽な記事も製作していた。
  • まるで待ち合わせの相手のような気軽ささえそこにはある。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • 若い運転手は発車するとすぐに、客扱いに慣れているような気軽な口調で話しかけた。 鮎川哲也『戌神はなにを見たか』より引用
  • かわりに、天候の話でもするような気軽さで声をかけた。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • もうすでに自分の家のような気軽さだ。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • どこか蔑むような気軽さで若者の一人が言った。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • まるで用でもしてきたような気軽さだった。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 老人はノラ猫でも捕まえるような気軽さで彼の首筋をつかみ上げる。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 3) 角のロワイヤル』より引用
  • と、まるで旧知の間柄ででもあるかのような気軽な口調で声をかけながら、襖をあけて入ってきた。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • ここでは鹿爪しかつめらしい講話というのではなく、警部や警部補クラスが博士から世間話を聞いているような気軽さといってよかった。 松本清張『黒の様式』より引用
  • しかも、まるで隣の老女にでも会いに行くような気軽さで、軽々と山を登ってゆく。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • それだけ言うと、イヴァンは散歩でもするような気軽さで建物の裏手に向かって歩いていった。 児玉ヒロキ『イット2』より引用
  • まるで気の置けない友達の家にでも遊びに行くような気軽さで零崎は言って、ボックスを出て行く。 西尾維新『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』より引用
  • 次へ »

ような気軽 の使われ方