ような女々しい

8 の用例 (0.00 秒)
  • 主水之介ならばそのような女々めめしいこと致しませぬわ! 佐々木味津三『旗本退屈男』より引用
  • 死なねばならなくとも、女が気絶するような女々めめしい死に方をスターバックにさせないでください。 メルヴィル/高村勝治訳『白鯨(下)』より引用
  • 胸をかきむしられるような女々めめしい己の気持が羨望せんぼうではないかと、李陵は極度におそれた。 中島敦『李陵』より引用
  • 性こりもなく、おんなじことを三度もくり返すような女々めめしいまねなど私にはとてもできなかった。 モーム/龍口直太郎訳『月と六ペンス』より引用
  • 僕は今にもミリイが帰って来るような女々めめしい錯覚にとらわれて、何気なく部屋の窓を左右に開けた。 川又千秋『邪火神』より引用
  • 流行の服装をまとう禿げ頭の太った宦官であり、いつも人に媚びるような女々しい態度をとるが、貴族にも庶民にも恐れられている。
  • もしそれが深井の口から話されなかったなら、「うるさいな、女のくさったような女々しい泣言は僕は大嫌いだ」と言いすてたかもしれない。 島田清次郎『地上』より引用
  • 労働を卑しみ、無学を羞じて、世をはかなみ、身をかねるというような女々めめしい態度から小さいながら、弱いながらも胸の焔を吐いて、冷たい社会よのなかきつくしてやろうというような男々おおしい考えも湧いて来た。 白柳秀湖『駅夫日記』より引用