ような危険

447 の用例 (0.00 秒)
  • 第三に彼らは殺人罪に問われるような危険は犯さないでございましょう。 クリスティ/松本恵子訳『情婦…クリスティ短編集』より引用
  • 確かに記憶には近寄り過ぎてはいけないような危険を感じることがある。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • しかし、つぎの場合のような危険を、覚悟しなければならなかったのだ。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • 振り返って考えてみれば、確かにピースの指摘するような危険はあった。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • うしろへ廻っても霊なぞを踏みつぶすような危険もなにもありはしない。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • このような危険な夜を前にしては、そうするにこしたことはなかった。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(上)』より引用
  • わたしたちの間には、すぐに退屈になるような危険はありませんわね。 マゾッホ/小野武雄訳『毛皮を着たヴィーナス』より引用
  • たとえ金はあっても商人がこのような危険を冒すとは考えられない。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 親から見れば、はらはらするような危険な遊びであったかもしれない。 林望『テーブルの雲』より引用
  • 外出して、その場で君に逮捕されるような危険を犯そうとはしないだろう。 フーリック/大室幹雄訳『中国迷路殺人事件』より引用
  • と、乱を終った今またすぐ、乱を待つような危険な心理におちいっていた。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • われわれには人類全体をこのような危険から守る義務がある。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『03 ミュータント部隊』より引用
  • しかし何か人を害さないではおかないような危険な感覚があった。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 一国の運命をになった丞相が、なぜそのような危険をおかされるのですか? 陳舜臣『秘本三国志 06 (六)』より引用
  • いつも誘惑と戦って居るような危険を覚えずには居られなかった。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • でも、べつに聞かれたところで困るような危険な会話をしたいわけでもない。 姫野カオルコ『愛は勝つ、もんか』より引用
  • このような危険な瞬間においては頼りになる人物が必要であった。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • しかしわたしはこのような危険な判例を確立しようとは思わない。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用
  • したがっておまえは、今読んで聞かせたような 危険にさらされているのだ。 シェイクスピア/大山敏子訳『ヴェニスの商人』より引用
  • 反対に、事故を引き起こす可能性が高いような危険な運転を危険運転という。
  • 次へ »