ような具合

518 の用例 (0.00 秒)
  • しかし私が将来そのような具合のよいことになる様子に見えはしなかった。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 二人の恋人をもって、毎日どちらかとデートしているような具合だった。 半村良『都市の仮面』より引用
  • どうやら清子のほうは下町が来ていることを承知していたような具合だ。 半村良『下町探偵局PART2』より引用
  • その樹は日本の茶畑のような具合にぼつぼつと生えて居てみな針がある。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • このような具合に少しずつ噂が成長し、最終的には次のような完成を見た。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • Y字のところにいる場合は、両手に1本ずつ糸を持つような具合である。
  • 多少誇張していうなら、彼は私に襲いかかってきたような具合であった。 高井有一『立原正秋』より引用
  • まるで対面から映写機で穴の映像をそこへ映しているような具合なのだ。 原田宗典『どこにもない短篇集』より引用
  • その変化の過程については次のような具合に考えることができる。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 中世の騎士がやり試合に戦車にまたがって出て来たような具合なんだ。 半村良『石の血脈』より引用
  • まるで、ほとんどその腕の中に倒れこんだかのような具合であった。 久美沙織『小説 エマ 1』より引用
  • 私の感じでは、セザンヌの絵に関する限り何も知らないような具合でした。 井上靖『崖(下)』より引用
  • だから、目を開けると彼の厚い胸板を横から見ているような具合になる。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • まるでイルカが大きな銀色のサングラスをかけているような具合だった。 冲方丁『マルドゥック・スクランブル The Second Combustion 燃焼』より引用
  • それまで張りつめていた緊張の糸が、音を立てて切れたような具合であった。 神吉拓郎『私生活』より引用
  • たとえば日本産のカシの木の場合、葉の形の描写は以下のような具合である。
  • 赤の他人のうわさ話をするような具合にはいかないのかもしれぬ。 津村秀介『瀬戸内を渡る死者』より引用
  • あたりを覆っていた霧が、たちまちにして晴れたような具合になりました。 多島斗志之『症例A』より引用
  • それは、長いあいだ使っていないどこかの地下室へおりていくような具合だった。 ディクスン『ドラゴンの騎士〔下〕』より引用
  • それはまるでゆがんだ鏡の前に立って少しずつ体を動かしているような具合だった。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』より引用
  • 次へ »