ような光沢

142 の用例 (0.00 秒)
  • 鮮やかな青を基調にし、金属のような光沢の褐色で模様が描かれている。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • また、ターコイズブルーやシアンのような光沢や緑の影はほとんど無い。
  • 新聞にペタペタと体を打ちつけながら、女の髪のような光沢を放っている。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • このほかPANは、葉の裏面に金属のような光沢を生じさせることがある。
  • 生糸のような光沢をもち、毛足が長く通気性がよく、繊維の腰が強い。
  • 対照的に肌は雪のように白く象牙のような光沢を持っている。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 掌では、小さな楕円形の薬が卵のような光沢を放っていた。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 触覚しょっかくと細いあしを持ち、油を塗ったような光沢こうたくを持つ黒い外殻がいかくおおわれている。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 貴金属のような光沢のある髪が揺れて、ちょうど窓の外に見えている星空のように輝いた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 淡いピンクのマニキュアを塗った爪が、桜貝のような光沢を放っている。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • その白く矢のような光沢をもった毛並みは、みるみるうちに濡れかがやいた。 室生犀星『或る少女の死まで』より引用
  • 扉も壁と同じく淡い灰色で、濡れているような光沢がある。 高千穂遙『美獣 神々の戦士』より引用
  • 色は白く、表面にワックスでも塗ったような光沢を放っている特殊な素材である。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • ああいう濃い珠のような光沢は冬季でなければ見られない。 島崎藤村『三人の訪問者』より引用
  • 黒っぼい岩肌に走るやや明るい色の鉱脈が、それに真珠貝のような光沢を与えている。 ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』より引用
  • 岩壁は鏡面のように滑らかで、玉虫色のような光沢を放っていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • それは黒ずんだ赤で、まるで塗り物のような光沢を帯びていた。 アポリネール/須賀慣訳『若きドンジュアンの冒険』より引用
  • その木には無数の紫の花が咲いて、花はみな宝石のような光沢と華麗とをそなえていた。 ホーソーン・ナサニエル『世界怪談名作集』より引用
  • それはまた、白孔雀の羽のような光沢を持っていた。 ドーデ/村上菊一郎訳『風車小屋便り』より引用
  • ものうく身をくねらせる海の沖合には白絹のような光沢があった。 マン/高橋義孝訳『トニオ・クレーゲル/ヴェニスに死す』より引用
  • 次へ »