ようすを見よう

17 の例文 (0.00 秒)
  • いやいや襲って来たのではなくて、代官松をして襲わせて、ようすを見ようとしたのであった。 ...
  • しかし、いい金もうけの話を持った人かもしれず、警察のスパイかもしれず、ようすを見ようというわけだろう。 ...
  • ともかくようすを見よう、深沢はそう考えたに違いない。 ...
  • にもかかわらず内弟子として、邸へ入り込ませて自由にさせたのには、少しく意味がありましたので、ようすを見ようとしたのでござる。 ...
  • と、疑い、いましばしようすを見よう、と、鈍いながら眼をひからせていたのだ。 ...
  • もう少しようすを見ようじゃないか。 ...
  • 「いましばらくようすを見よう」 と、彼は側近にいった。 ...
  • 松蔵があの金をどう使うか、ようすを見よう。
  • 「少し尾根の先へ行って、ようすを見ようじゃないか」 「いいよ」 斜面の上のほうには両軍の偵察兵がいるかもしれないとベルディンは警告していたが、二匹の狼はだれにも会わなかった。 ...
  • 術くらべでは、あきらかに天魔太郎に負けたのですから、穴からはいでて、もとの竹矢来の中へもどるわけにもゆかず、ともかくゆけるところまでいって、ようすを見ようと決心したのです。 ...
  • さんざん手を焼かされたあげくのはてには、いざ離婚するとなるとやれ慰藉料いしゃりょうだの、やれ離婚手当てだのと、いろいろふんだくられたもんですから、朱実の場合もう少しようすを見ようということになっていたんです。
  • 「どげんしたかの、あの女」 川路はしかし、そのほうが気にかかったようで、 「ちょっとようすを見よう」 と、いって、歩き出した。 ...
  • もう少しようすを見よう。 ...
  • 「ようすを見よう」ベルガラスは言った。
  • 「しばらく、ようすを見よう」 義実はうめいた。 ...
  • せめてようすを見よう?