ゆっくりと走り出す

19 の用例 (0.00 秒)
  • お母さんがペダルを踏みしめて、家の敷地の外へゆっくりと走り出す。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • 車はゆっくりと走り出し、やがて角を曲がって見えなくなった。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • 人々はマンションの側へ寄り、乗用車がゆっくりと走り出した。 半村良『幻視街』より引用
  • 赤々と燃える足跡を残しながら、拳闘士王は谷に向けてゆっくりと走り出した。 九里史生『SAO Web 0407 第八章02』より引用
  • 車が夜の道をゆっくりと走り出す。 赤川次郎『禁じられた過去』より引用
  • ゆっくりと走り出す電車に揺られながら、ジュウは思い出した。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 毘沙門天国びしゃもんてんてんごくに向かい、タクシーはゆっくりと走り出した。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第02巻 虎、肥ゆる秋』より引用
  • ナビシートでねこけつづけているミサトを乗せたままシンジの運転するルノーはゆっくりと走り出した。 九条公人『逆行EVA劇場その7』より引用
  • 遅い午後のカラカウア通りアベニユーにゆっくりと走り出した。 喜多嶋隆『ブラディ・マリーを、もう1杯』より引用
  • 車に乗って、ゆっくりと走り出す。 赤川次郎『失われた少女』より引用
  • 電車はゆっくりと走り出す。 今野緒雪『マリア様がみてる 27 あなたを探しに』より引用
  • 車がゆっくりと走り出す。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • バンが霧雨の中をゆっくりと走り出した。 藤田宜永『ダブル・スチール』より引用
  • ゆっくりと走り出して、道へと降りる。 時雨沢恵一『キノの旅 第07巻』より引用
  • 扉が閉まり、電車がゆっくりと走り出す。 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • 甲虫がゆっくりと走り出した。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09c D-蒼白き堕天使3』より引用
  • ロレンスは手綱たづなにぎり、荷馬車はゆっくりと走り出す。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • ゆっくりと走り出す。 川又千秋『一発!』より引用
  • ランドクルーザーは、ゆっくりと走り出した。 梶尾真治『精霊探偵』より引用