ゆきあたり

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ゆきあたりばったりの男を、相手にしてみるようなことはしまい。 ...
  • 時々は女と自分の目がゆきあたることもあった。 ...
  • 高い壁にゆきあたると彼等はじつとその前に坐つてゐて、何時までも待つてゐた。 ...
  • 下水道の曲り角にきたとき、彼は頭をさげて歩いていたので、その壁にゆきあたったのだった。 ...
  • この会津西郷家の元をたどれば、遠く九州は熊本の菊池一族にゆきあたる。 ...
  • 彼がそれにゆきあたったこと、すなわちアクラの啓示があらわれたのにほかならぬ。 ...
  • それよりも男の驚いたのは黒い影にゆきあたつたと思ふうちに、いままでの暗がりとはうつて変つた、まつかな光線が頭上や胸に睜つてきた。 ...
  • ゆきあたりばったりの万人を、ことごとく愛しているということは、誰をも、愛していないということだ。 ...
  • ですから、右手にむかって、この川をくだれば、大川にゆきあたりますね。 ...
  • 彼はひとつの壁にゆきあたった。 ...
  • コゼットはうしろにさがりながら、一本の木にゆきあたって、それによりかかった。 ...
  • この世界では、四十フィートも土を掘ると、リングの構成物質にゆきあたります。 ...
  • 最初彼は無造作むぞうさに本のページをめくっていたが、彼の注意をひく箇所にゆきあたって、彼はもなく熱心にそれに読みふけっていった。 ...
  • 一同は、むかしの道にゆきあたったと思いました。 ...
  • あきらかな資料はないが、およそこういう局面にゆきあたるのは軍政上ままある慣いだ。
  • ゆきあたりばったりの知識を教えこまされるんですよ。 ...
  • 客と話しているうちに会話が崇高で荘重な調子を帯びてくると、互いに自分の椅子をだんだんと相手から遠くへずらしてゆき、ついには向かい合った隅の壁に双方ともゆきあたって、たいていの場合は空間が不足するはめになるのだった。 ...