やや光沢

24 の用例 (0.00 秒)
  • 背面の体色はやや光沢のある黒色だが、若い個体は腹側に赤みが見られる。
  • 白くやや光沢を帯びた傷の部分は髪が生えていない。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • 中には、黄いろ味をおびた、やや光沢こうたくのある結晶している石がはいっていた。 海野十三『時計屋敷の秘密』より引用
  • 体色は淡い黄褐色であり、不明瞭なやや光沢をもった緑褐色の縦条がある。
  • やや光沢のある緑色から黄緑色の群落を形成する。
  • 全身灰色で背面はやや光沢を帯びている。
  • 小穂はやや扁平で、淡い緑色をしていて、やや光沢がある。
  • 体が細く小型で、体色は黒色で やや光沢が強い。
  • また、樹皮がシラカンバよりもかなり赤茶色がかっている点、葉にやや光沢があるで区別できる。
  • 背面には弱く細い螺溝が多数あるが、中央部では不明瞭になることもあり、全体にやや光沢があって滑らかな感じがする。
  • 表面は深緑色でやや光沢があり、裏面は淡緑色である。
  • ルフランのグワッシュ絵の具は缶入りで色は確かで美しいが粉っぽい感じがしないのと少しぬり過ぎるとやや光沢が出るので困ることがあるが、しかしまた別の効果が現れるものである。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • 瞳はやや光沢をおびた黒さ。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 表側はやや光沢があり、脈の部分が凹んで縮緬状になる。
  • くぼんだ内面はほとんど黒くてやや光沢があり、ほぼ滑らかかまたは粗大な浅いしわを生じることがあり、この面が子実層となっている。
  • 葉にほとんど目立った模様がなく、表面はやや光沢があり、2ミリメートル前後の粒状の凹凸があるが、個体によっては凹凸のほとんどないものもある。
  • 縦糸が太い横糸を覆って畝を現しているのでやや光沢があり、洗濯の際には強い揉み洗いを避ける必要がある。
  • やや光沢のあるグレイのパンツスーツに身を包んだ彼女は、さほど身長が高くないわりに妙な威圧感があって、知季は目をそらすことができなかった。 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • 体は淡い黄褐色で、側面にはやや光沢があり緑がかった褐色の縦条があり、背部にのみ暗褐色の小さい斑点がある。
  • 葉は対生、卵形ないし長円形で長さ8-15cm、厚く革質でやや光沢を持つ。
  • 次へ »