やまおとこ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • すべて山男がそうであるように、彼もまた、広々とした外へ出たかった。 ...
  • しかし杯を口へ持つて行きながら語る堀口には山男のようなところがあつた。 ...
  • みんなは山男があんまり紳士風しんしふう立派りっぱなのですっかりおどろいてしまいました。 ...
  • けれども、あんなに鉄のようになった人間をあの山男はどうするのだろう。 ...
  • 山男だったらだれでも八千メートルの巨峰ジヤイアンツの登頂を生涯の夢にします。 ...
  • そしてそういうふうに死んだ者は山男山女の類のうからのなかにゆくといわれている。 ...
  • すると王子は森のところに出かけていって、山男の鉄のハンスを呼びました。 ...
  • その、山男が自分でいれてくれた珈琲が刑事の前で湯気をたてている。 ...
  • 周りのみんなも山男の後を追うが、風ようにどこかに去ってしまう。 ...
  • みんなが見送みおくろうとあとをついて玄関まで行ったときは山男はもうませんでした。 ...
  • しかし、山男にとって、処女峰登頂はやってみたいことのひとつである。 ...
  • たったそれだけで、声もあげずに死んでいった山男もいるのだ。
  • 明治十六年に初めて札幌から山男になって東京に出てきました。 ...
  • 山男はこれは支那人が、両手を胸で重ねて泣いてゐるのかなとおもひました。 ...
  • しかし、王さまは、山男を鉄のおりに入れ、それを中庭に置かせました。 ...
  • すべての山男がそうであるように、かれもまた、広々とした外へ出たかった。 ...
  • この作には「登山の鬼」とでもいうべき山男の究極の姿がよくかけている。