やせ細ら

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それから田淵さんのやせ細った手を最後に握ったときのことを思い出した。 ...
  • だが少年の日の私は、この一冊の小説のために、やせ細るほどの思いを続けた。 ...
  • 全身やせ細っていて、腹だけがこれ以上は皮が伸びないところまで膨れている。 ...
  • つかんだ瞬間に、その肘がひどくやせ細って骨張っているのを感じた。 ...
  • 緑色の頸巻はひどくやせ細った彼の顔に、死人のような陰影かげを投げていた。 ...
  • むしろやせ細ってしまうし、いずれ限界げんかいを通りして倒れてしまうはずです。 ...
  • 光國が姫のやせ細った腕をとり、胸元で組ませたとき、そでに何かが見えた。 ...
  • 枯れ木のようにやせ細ったトムが、ぼんやりと椅子いすすわったまま彼女を見た。 ...
  • 生き残っていた囚人たちも肉がほとんどなく骨と皮のようにやせ細っていたのだった。 ...
  • あかねの言った通りかみは半白に変わり、やせ細った体は病人のようだった。 ...
  • その目は、顔がやせ細っておびえきっているために、ますます大きく見えた。 ...
  • 逮捕後はやせ細り、まわりの目が気になって銭湯へも行けない辛い日々だった。 ...
  • 小犬はどんどん大きくなったが、チンバオはだんだんやせ細っていった。 ...
  • 内からけずるように肉が落ち、やせ細ったからだはすきとおるばかりになった。 ...
  • 飢えて異常にやせ細りながらもなんとか解放まで生き残れた生存者たち。 ...
  • そこで戸口のところへつないでおいたが、牛は骸骨がいこつのようにやせ細ってきた。 ...
  • 病室のカーテンがふわりと動いて、やせ細った中年の女性がやってきた。 ...