やうに走つ

17 の例文 (0.00 秒)
  • その滑稽な隆造の肉体は、夕暮の寒い巷の風を切つて矢のやうに走つた。 ...
  • 馬はわたしに好く狎れてゐたので、青葉の蔭をくぐつて風のやうに走つた。 ...
  • 咄嗟に祖父は細い灌木のあひだを縫ふやうに走つてゐる小径を見てとつた。 ...
  • まるで気泡の浮いてゐるのかなにかのやうに、船の底と水とが触れてゐないかと思ふやうに、飛ぶやうに走つてゐるのでございます。 ...
  • 疾風迅雷のやうに走つたので、三十分ばかりの後にはもう西班牙の國境へ到着してゐた。 ...
  • それは荒い皺が隈取りのやうに走つてゐる顔だつた。 ...
  • この時小説家の頭に、しか擲り倒したら、女は直ぐ告訴するだらうなといふ考へが矢のやうに走つた。 ...
  • 始めて、村道をバスが走るので、原の學校の子供達が、鷄群のやうに走つて、バスを追ひかけて來た。 ...
  • いま聽えてくるものは、もはや歸りの遲れた、さも疲れたやうに走つてゆく、二三の辻馬車の音のみだ。 ...
  • 闇の中を、つぶてのやうに走つた。 ...
  • ゴーツと鳴つて、電車がトラホームのやうに走つてゆく。 ...
  • 古い割栗の石道を自動車が飛ぶやうに走つて、街を歩いてゐる満洲兵の行列なんかを区切らうものなら、私はヒヤヒヤして首を縮めたものです。 ...
  • と、見ると、遊覧船は屋形、或は白のテントを張つて、日本ラインの上流より矢のやうに走つて来る。 ...
  • あゝといふその声は逃げて行く楢雄の耳の奥にいつまでも残り、身もだえしてゐた女の固い肢態はまぶたに焼きつき、追はれるやうに走つたが、松林を抜けて海岸の砂の上へ出た途端、妾になるといふことはあの辛さを辛抱することだつたのかといふ考へが、元来が極端に走り易い楢雄の、走つてゐる頭をだしぬけにかすめた。
  • 善き半身である処の邦子のおだやかな容子ようすを考へて、その妻を犠牲にしながら、自分だけはこんなところに彷徨はうくわうしてゆき子にからまり、現在の生活の淋しさを、ゆき子によつてのがれようと、秘密な誘惑に頼らうとしてゐる自分の身勝手さが、背筋に冷い汗のやうに走つた。 ...
  • 右斜、前方の水平線に三本煙突、二本マストの巨船が、こちらの航路をおさへるやうに走つて来る。 ...