もんばん

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ところが門番は変わって別の男がやっていて、やはり知っていなかった。 ...
  • 遠くから彼は入口の所に立っていた門番が自分の室へ入ったのを見た。 ...
  • 門番はいつもの通りの時間にやってきた、つまり九時ちょっと後である。 ...
  • いずれにしても、門番は、あなたが考えているような人物とは違うのだ。 ...
  • そうでないと私はまわって門番小屋まで走って行かなくてはならない。
  • ですがあなたはたゞ言ふだけの事を門番におつしやればようございます。 ...
  • 門番は男が手紙をさし出した際、その手が震えているのを認めていた。 ...
  • よく見ると、以前門番をしていた男の女房で、例のあばたづらの女だった。 ...
  • 彼女はもう治ったといってますが、門番の女はそのことを疑っています。 ...
  • われわれは門番夫婦にも質問したかったが、彼らの姿は見えなかった。 ...
  • そればかりではない、門番小屋の窓にはどうやら人影が動いて見える。 ...
  • 彼を地下牢に案内した門番は、一八三〇年からここにいるにすぎなかった。 ...
  • 父のうちに居た頃、門番のかみさんがよくああいう声を出していたと思った。 ...
  • 門番にお金を払い、田舎へ行くけど、またもどってくるからと告げたわ。 ...
  • そのあいだに門番夫婦が犯人の逃亡を手つだったにちがいありません。 ...
  • 門番室の前を通ると、門番の女が立ち上がってガラス窓越しに彼らを見た。 ...
  • 広間から広間へと門番が立っていて、だんだん力が大きくなるばかりだ。 ...