もみ海苔

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • そうめんもカン入りの汁も、そして多分もみ海苔も、みんな到来物である。 ...
  • おろしショウガ、ワサビ、もみ海苔等の薬味が追加される場合もある。 ...
  • レモンをしたたらせ、醤油をつけてから、もみ海苔にまぶして食べる。 ...
  • ガラスの鉢に汁を入れ、といた卵を混ぜ、もみ海苔のりを散らした。 ...
  • 卵をときほぐし、調味料と混ぜ、味をなじませた後、炊き立てのご飯の上にかけて、もみ海苔などを振って食べる。 ...
  • 炊き上がったら充分蒸らしてからかき混ぜ、錦糸玉子やもみ海苔をふりかけて食べる。 ...
  • 紙を取った後、醤油しょうゆを垂らして、もみ海苔のりをかけるか、葛餡くずあんをかけて、青のりを振ると、どちらも若だんなの好物となる。
  • 板前が手早くおろした鯛の刺身を、わさび醤油にひたして飯の上に並べ、上からぱらぱらと胡麻ともみ海苔をふりかけたのを、東吾は半分はそのままで食べ、残りはお茶漬にする。 ...
  • 蒸しあがったご飯を丼に入れ、大根おろしとけずり節を真中におき、まわりに錦糸玉子ともみ海苔を飾る。 ...
  • 次に具だが、これは通常、さらし日本ねぎやもみ海苔を使うが、私はこれに、切りゴマや錦糸玉子、青ジソの千切り、ハムや焼き豚の刻んだもの、おろし生姜や紅生姜などを添えることもある。 ...
  • が、半摺りくらいのを、同量のだいこおろしとまぜあわせ、もみ海苔をかけ、うすい醤油味にしてかっこむのは、じつに朝らしく、さわやかである。 ...
  • もみ海苔、けずりかつおをかけ醤油又はソースで食べる。 ...
  • 江戸前イカの印籠ずしは、刻んだカンピョウやガリ、もみ海苔などを混ぜたすし飯を煮イカの胴につめ、ツメをかけて食べる。 ...
  • きゅうり、かまぼこを混ぜ、の調味料で和え、あさつき、切りごま、もみ海苔をふる。 ...
  • 紅生姜ともみ海苔、錦糸玉子を飾りつける。 ...