ものが多く用いられる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 交流用の誘導形電力量形を直流用に転用したものが多く用いられている。
  • 明治以降では、外国語名を音写して漢字名称としたものが多く用いられた。
  • デザインモチーフには「日本の伝統」を記号化したものが多く用いられた。
  • 皿のような形状で、大きさは15cm前後のものが多く用いられる。
  • 駅周辺の標識や施設・店舗名などの表記において平田駅と省略したものが多く用いられている。
  • 色は大空を連想させる青系統のものが多く用いられる。
  • 別部材として製作した長靴状のものが多く用いられる。
  • これに使われる琵琶を平家琵琶と呼び、構造は楽琵琶と同じで、小型のものが多く用いられる。
  • タイトル戦では、6寸~7寸の厚さのものが多く用いられている。
  • この時代の本は全て手作りであり、貴重品として取り扱われたため、アルマリウムには鍵や留め金のついたものが多く用いられた。
  • フィルムは一般的な市販品でも高感度寄りのISO400規格のものが多く用いられる。
  • 固定相の表面に長い炭化水素鎖やフェニル基を結合させたものが多く用いられ、また用途により活性炭なども用いられる。
  • 平曲に使われる琵琶を特に平家琵琶と呼び、構造は楽琵琶と同じで、小型のものが多く用いられる。
  • 男性用と同様に珠の数・材質に決まりは無く、輪の大きさ・主珠の大きさで決められ、36珠前後のものが多く用いられる。
  • 背景色が白で4フィートの旗を12フィートの旗竿に付けたものが多く用いられ、敵の注意を引きたくない時には2フィートの旗が用いられた。
  • 粉粒体の分類にも粒径によるものが多く用いられる。
  • 本体との間の信号の送受信を有線で行うものと無線で行うものとに大別されるが、現在では、赤外線や電波等の無線で信号の送受信を行うものが多く用いられる。
  • 紙やスチレンボード製のものが多く用いられるが、テロップ、タイトルシステムなどにより電子的に生成されたトリキリのCG画面のことを電子フリップと呼ぶ場合もある。
  • ダイナミックマイクロホンの場合は薄いプラスチックフィルムを用いて、周辺に襞を設けたドーム状円板に成形したものが多く用いられる。
  • 従来は剥き出しのリングに四方の切り込みが入ったものが多く用いられたが、現在は小さな切り込みが1か所だけで、先端数ミリを除いてプラスチックでカバーされた形状が主流となっている。