ものが多くみられる

18 の用例 (0.00 秒)
  • 楽曲の特徴としては5分前後、もしくはそれ以上にわたるものが多くみられる。
  • 判例は従来、実質的危険説によっているとされたが、戦後の裁判例には具体的危険説に近いものが多くみられる。
  • 歌詞は全て英詩で、皮肉的なものが多くみられる。
  • 特に黄庭堅の書の影響は大きく、無学祖元など黄庭堅風のものが多くみられる。
  • 日本語や英語その他のいくつかの言語では『マリー・ヴェッツェラ』と表記するものが多くみられる。
  • 湧水湿地として国内最大級の広さを誇る葦毛湿原には植物学上貴重なものが多くみられる。
  • 大雅の作品に悟心が賛を加えたものが多くみられる。
  • しかしただ次々と神殿が建てられただけでなく、そこにそなえられる彫像などもすぐれたものが多くみられる。
  • 現在、日本の警察小説分野では組織と個人の対立や、部署同士の軋轢を描いたものが多くみられるが、本シリーズは本格ミステリ的な謎解きを重視した点に特徴がある。
  • 語彙については同じギア方言である尾張弁・三河弁・飛騨弁と共通するものが多くみられる。
  • こうした都市計画事業は、業務事態が複雑なうえ地主の組合などによるものが多くみられるため、利権が関与する場合などに求められる弁護士や税理士的な視点が求められ、事業の性格上委託業務が占めていく。
  • 数としては、児童福祉法に規定される医療型・入所型肢体不自由者療育施設に併設されているものが多くみられるが、前2者のいずれも併設されていない学校も数は少ないがいくつか見られる。
  • しかし、熱帯熱マラリアにクロロキンやメフロキンに対して耐性を持つものが多くみられるようになったため、現在ではその治療に利用される。
  • 指導主事、社会教育主事、建築主事といった法令に基づいて自治体に置かれる職の中に「主事」の語を含むものが多くみられるのも、同じ事情のためである。
  • 作詞は「富山県民の歌」の作詞者である辻本俊夫の手になるものが合併に伴い廃止されたものを含めて複数あり、作曲は富山大学教授の黒坂富治が手掛けたものが多くみられる。
  • しかし、熱帯熱マラリアにクロロキンやメフロキンに対して耐性を持つものが多くみられるようになったことから、ドキシサイクリンやクリンダマイシンとの併用で利用される場合がある。
  • ニューマンの晩年の作品は「誰が赤、黄、青を恐れるのか Who's Afraid of Red, Yellow and Blue」シリーズに見られるように、純粋で鮮やかで色を巨大なカンヴァスの上に用いるものが多くみられる。
  • 時代が異なるゆえ、共通して登場する人物などはないが、ヤヌス、ドール、ヤーン、モスなどの神々や、パロス、トルース、アグラーヤなどの国々の名前には、共通するものが多くみられる。