もとへ行こう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 夫が妻を見張ろうと思うよりも恋する男が女のもとへ行こうと思うことのほうが多い。 ...
  • 彼女は祖父のもとへ行こうとした。 ...
  • 私は池の水で口をすすぎ、憧れの彼女のもとへ行こうとした。 ...
  • よし明日はいよいよ信州へ転地している妻のもとへ行こう。 ...
  • 想像した神のもとへ行こうと願った。 ...
  • そこで馬首をめぐらし、ゆるやかな斜面を駆け下り、街道を迂回うかいして仲間のもとへ行こうとした。 ...
  • 左右の翼の折れた小鳥のように無力でありながら、あのかたのもとへ行こうと、無残な翼をむなしくふるわせてつづけていた。 ...
  • ホストとの再婚に反対する沙月は祖父のもとへ行こうとするが、弥生の差し金でカイトとの二人旅になってしまう。 ...
  • ブラウンがいかに凡庸な者であろうとも、また自分の生活にいかに無関係な者であろうとも、クリストフは傷ついた獣のような本能から一生懸命になって、自分にとってまったくの他人ではない者のもとへ行こうとした。 ...
  • 徐々に記憶を取り戻して来たサイモンは、自分が交通事故に遭ったこと、そしてその際に兄ピーターのもとへ行こうとしていたことを思い出す。 ...
  • 一行が招かれて昭王しようおうのもとへ行こうとしたとき、ちんさい大夫たいふどもが相計あいはかり秘かに暴徒を集めて孔子らをみちに囲ましめた。 ...
  • 歌が聞こえると、オデュッセウスはセイレーンのもとへ行こうと暴れたが、船員はますます強く彼を縛った。 ...
  • さあ呉侯のもとへ行こう。 ...
  • 「鈴江さん」幡野は眼をしょぼしょぼさせ、広くあいた鈴江のドレスの胸もとへ行こうとする視線をけんめいにそらせた。 ...
  • 二年前の十月四日、サン・フランシスコの祭日に、宗麟はカブラルたちをつれて日向に出発したのであったが、今戦争遂行の協議のために義統のもとへ行こうとしていた彼は、その出発前、同じ祭日ヽヽヽヽに、祝祭を行う計画を立てていた。 ...
  • そこでマニはサーサーン朝を脱出し、東方宣教に成功していたアンモーのもとへ行こうとするも、サーサーン朝の警察網に捕まり、クテシフォンに引き返した。 ...